[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大逆転V・松山英樹が珍しく自画自賛した20cm超絶ベタピンショット「完璧」 残り189yから現地喝采

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。特に15番パー4ではピン横20センチにつけるスーパーショットを披露。松山は優勝後に、珍しく自画自賛する言葉を残している。

ジェネシス招待最終日でショットを放つ松山英樹【写真:ロイター】
ジェネシス招待最終日でショットを放つ松山英樹【写真:ロイター】

アジア勢最多となる米ツアー通算9勝目

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。特に15番パー4ではピン横20センチにつけるスーパーショットを披露。松山は優勝後に、珍しく自画自賛する言葉を残している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 この1打から優勝へ向けてラストスパートをかけた。15番パー4での第2打。ピンまで189ヤードの距離から松山が放ったボールは、高い弾道でグリーンに着弾。手前からゆっくり転がり、カップに近づくにつれて歓声が大きくなった。約20センチにつけるスーパーショット。このホールからこの日3度目の3連続バーディーを記録し、62というビッグスコアで大逆転を果たした。

 スペインのメディア「TenGolf」が公式YouTubeチャンネルに公開した試合後の会見映像で、松山はこのホールについて問われ「15番のティーショット、セカンドともに完璧なショットが打てたと思いますし、それでバーディーが獲れた」と珍しく自画自賛。直後の16番パー3もバーディーだったが「気分よく16番打ったんですけど……狙いより5ヤードくらい右に出たんですけど、結果的にかなりついてくれたんで良かったと思います」とコメントした。

 拍手喝采を浴びた松山は2022年1月のソニー・オープン以来2年ぶりの復活優勝。ツアー通算9勝目は、崔京周の記録を上回り、アジア勢最多となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集