[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スタート地点に殺到した馬が“大クラッシュ” 欧州競馬の衝撃レースにファン唖然「安全じゃない」

欧州競馬でまさかの“大クラッシュ”が発生した。フランスで行われた障害レースで、スタート地点に殺到した複数の馬が接触。柵に激突して落馬寸前となった馬が続出し、スタートをやり直すという事態になった。英専門サイトが動画を公開すると、海外ファンから「ひどいレースだ」「安全じゃない」といったコメントが集まっている。

欧州競馬でまさかの“大クラッシュ”が発生し話題に(画像はイメージです)
欧州競馬でまさかの“大クラッシュ”が発生し話題に(画像はイメージです)

フランスで行われた障害レース

 欧州競馬でまさかの“大クラッシュ”が発生した。フランスで行われた障害レースで、スタート地点に殺到した複数の馬が接触。柵に激突して落馬寸前となった馬が続出し、スタートをやり直すという事態になった。英専門サイトが動画を公開すると、海外ファンから「ひどいレースだ」「安全じゃない」といったコメントが集まっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 完全に行き場を失った。現地4日にフランスのカーニュ・シュル・メール競馬場で行われた障害レース(4歳、芝3480メートル、16頭立て)。ゲートはなく、スタート地点に集まった馬が係員の合図で発走する「バリヤー式」と呼ばれるスタートだったが、16頭が外から柵の中のコースに一斉に入ってきたために、馬群が密集。後方の馬たちが“クラッシュ”する形となり、柵に激突して落馬寸前になった。先団の馬たちは走り出してしまったが、公正なスタートではなかったと判断されて、結局スタートのやり直しとなった。

 英衛星放送「スカイスポーツ」の競馬専門サイト「アット・ザ・レーシーズ」公式X(旧ツイッター)は映像を公開。「これは惨事だ!」「カーニュ・シュル・メールでのやり直しで大混乱…」とつづった。海外ファンからもあきれたような反響が寄せられている。

「ひどいレースだ」
「ジョッキーたちは何をやっているんだ」
「フランスのレースを総括してる。通常でも30分遅れて出発する」
「フランスのジャンプレースは安全じゃない、たまに茶番に近いときがある」
「英国でしかこんなことは起きないと思ったが?」
「これは確かに何かがあった…」

 約10分後に再発走となったレースはフランス馬のジョリフーデガイ(騙4)が優勝。4頭がゴールできず、完走は12頭だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集