[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B1トップのスタッツで証明 バスケ仙台の新エースへ、名PGも絶賛する阿部諒の“球際の嗅覚”

今季のバスケットボールBリーグで、特別なブレイクを見せている選手が仙台89ERSにいる。新加入の阿部諒は開幕から14試合すべてに先発し、平均出場時間は27分29秒。平均得点は「13.0」で、帰化を除く日本人選手の中ではリーグ6番手につけている。平均スティール数「2.0」はB1全体のトップで、ディフェンス面の貢献も見逃せない。

仙台89ERSに今季加入した阿部諒。ここまで全14試合に先発、新天地で攻守に輝きを放っている【写真:B.LEAGUE】
仙台89ERSに今季加入した阿部諒。ここまで全14試合に先発、新天地で攻守に輝きを放っている【写真:B.LEAGUE】

1試合平均スティール数「2.0」はB1リーグ1位の数字

 今季のバスケットボールBリーグで、特別なブレイクを見せている選手が仙台89ERSにいる。新加入の阿部諒は開幕から14試合すべてに先発し、平均出場時間は27分29秒。平均得点は「13.0」で、帰化を除く日本人選手の中ではリーグ6番手につけている。平均スティール数「2.0」はB1全体のトップで、ディフェンス面の貢献も見逃せない。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 昨シーズンの仙台は19勝41敗と低迷していたが、今季はここまで7勝7敗。阿部の仙台移籍は本人、チームにとって素晴らしい出会いだった。

 28歳の阿部は184センチ・82キロのシューティングガード。2018-19シーズンに島根スサノオマジックと契約し、5シーズン所属していた。昨シーズンの出場時間は平均16.51分で、B1の強豪でローテーションに入ってはいた。ただ島根時代の阿部は完全なロールプレーヤー(平たくいえば脇役)で、昨季の平均得点は3.8、一昨季は4.7にとどまっている。安藤誓哉、ペリン・ビュフォードといった主役の強みを引き出す側にいて、攻撃時はほとんどボールに触らず、コーナー待機で「幅を取る」役割だった。

 仙台の藤田弘輝ヘッドコーチ(HC)は獲得の狙いをこう口にする。

「自分はリクルートでいっぱい映像を見る派で、いっぱい見ていっぱい悩むんです。島根さんのプレースタイル的には阿部ちゃんはボールを持たないことが多かったので、一番シュートを打った試合を5試合くらい見ました。ピック&ロールはあまり使わないですけど、でもオフボールの動きやクローズアウト(ディフェンスが間合いを詰めてきた時)の攻め方には間違いなくセンスがあるなと感じて、ウチならメインになると確信を持って声をかけました」

 現役時代に名ポイントガードとして鳴らした志村雄彦社長は振り返る。

「(3ポイントシュートの)確率も悪くないし、彼は球際がめちゃくちゃ強いです。フィフティフィフティ(五分五分)のボール、ルーズボール、リバウンドの嗅覚が凄いなと思っていました。彼のスティールはその辺のボールをパッと取るんですけど、あれは感覚ですね。セオ(藤田弘輝HC)のハードな、インテンシティの高いディフェンスにフィットするスタンダードも持っているので、ポゼションが増えるなと思っていました。去年から欲しくて、実は去年も声をかけていました」

 阿部はリバウンドも平均「3.1」で、ガードとしてかなり多い。スティールも含めてチームのポゼッションを増やせるタイプでもある。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集