[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「何回見ても泣ける」バレー男子の歓喜、選手の号泣を間近でとらえた映像にファン感動「胸打たれた」

バレーボール男子の日本代表は8日まで東京・代々木第一体育館で行われたパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)のプールBで米国に次ぐ2位となり、来年のパリ五輪出場権を獲得した。日本バレーボール協会は大会期間中の舞台裏を追った動画を公開。五輪出場決定直後の選手たちの様子を間近でとらえた映像に、ファンから「何回見ても泣ける」「皆さんの男泣きには胸を打たれました」といった感動の声が寄せられている。

バレーボール男子の日本代表【写真:Getty Images】
バレーボール男子の日本代表【写真:Getty Images】

パリ五輪予選兼ワールドカップで五輪出場権獲得

 バレーボール男子の日本代表は8日まで東京・代々木第一体育館で行われたパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)のプールBで米国に次ぐ2位となり、来年のパリ五輪出場権を獲得した。日本バレーボール協会は大会期間中の舞台裏を追った動画を公開。五輪出場決定直後の選手たちの様子を間近でとらえた映像に、ファンから「何回見ても泣ける」「皆さんの男泣きには胸を打たれました」といった感動の声が寄せられている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初戦のフィンランド戦を辛勝、2戦目のエジプト戦で黒星を喫し、序盤で崖っぷちに追い込まれた日本男子バレー。そこから挽回し、5戦目のセルビア戦(6日)のストレート勝ちで五輪出場権獲得に“王手”をかけると、続くスロベニア戦もストレート勝ちで一気に五輪切符をつかんだ。

 日本代表の舞台裏を追った日本バレーボール協会のYouTube公式動画チャンネル「Channel JVA」は、勝利直後の選手やスタッフが歓喜の瞬間からコートになだれ込んだシーンを公開。選手たちは今年3月に胃がんで亡くなった元日本代表・藤井直伸さんの「背番号3」のユニホームを掲げながら歓喜の輪を作った。高橋健太郎は顔をくしゃくしゃにして男泣き。フィリップ・ブラン監督もスタッフたちと抱擁して喜びをかみしめた。

 これにはファンも感動。五輪出場決定から3日以上経っても感激の声は絶えず「出場権獲得の瞬間は何回見ても泣ける」「皆さんの男泣きには胸を打たれました」「何度見ても健太郎の泣き顔に貰い泣きする笑」「藤井直伸さんのユニフォームを掲げているのを見てガチで泣いた……」「みんなの涙はほんとにやられました」「選手の嬉し涙にこっちももらい泣きしました」「毎回つられて泣いちゃう」といった涙にあふれたコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集