[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外テニスで衝撃の愚行 豪選手“怒りのショット”が審判の顔面直撃、即失格の危険行為を英紙報道

男子テニス選手が試合中に起こした愚行が波紋を呼んでいる。中国・上海で3日に行われた上海マスターズの予選トーナメントで、第4シードの世界ランク140位マルク・ポルマンズ(オーストラリア)が怒りまかせに放ったボールが審判の顔面を直撃し失格となった。この愚行を英紙も伝えている。

マルク・ポルマンズ【写真:Getty Images】
マルク・ポルマンズ【写真:Getty Images】

上海マスターズでの衝撃シーンが海外物議

 男子テニス選手が試合中に起こした愚行が波紋を呼んでいる。中国・上海で3日に行われた上海マスターズの予選トーナメントで、第4シードの世界ランク140位マルク・ポルマンズ(オーストラリア)が怒りまかせに放ったボールが審判の顔面を直撃し失格となった。この愚行を英紙も伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 スポーツマンとしてあるまじき行為だ。この日ステファノ・ナポリターノ(イタリア)と対戦していたポルマンズは、第1セットを7-6で奪うと、第2セットもゲームカウント6-6からタイブレークへ。そしてタイブレークでも6-5とリードし、あと1点を奪えば勝利という場面で、ポルマンズは相手のリターンに対して前に出てボレーを放つも、このボールがネットにかかってしまう。

 すると自身のこのプレーに苛立ったのか、はね返ってきたボールをラケットでフルスイング。勢いよく飛んだボールがコート脇に座る審判の顔面を直撃した。

 この愚行を英紙「デイリーエクスプレス」は、「マッチポイントを握ったテニスのスター、審判の顔面にボールを発射して即失格に」との見出しで報道。「マルク・ポルマンズは激しく叩きつけたボールが審判を直撃したことで、上海マスターズの予選トーナメントで失格となった」と、この行為により失格となったと伝えている。

 そして「ポルマンズは第2セットのタイブレークで、ナポリターノのサーブで6-5とマッチポイントを握ったものの、ボールをネットに直撃させ、このチャンスをつぶしてしまった」「世界140位の彼はステファノ・ナポリターノとの試合のマッチポイントでボレーをミス。ボールを取るとイライラして叩きつけ、それが空中に飛んでチェアアンパイアに当たった」と衝撃的なシーンが起きた背景を説明した。

 同紙は「ATPの行動規範では、たとえそれが審判に当たらなかったとしても、プレーヤーは怒ってテニスボールを打ってはならないと定められている」と記しており、失格となったポルマンズは「予選トーナメントで獲得した賞金とランキングポイントも失うことになる」という。そして「ATPがポルマンズにどれだけの罰金を科すのか、また、さらなる処分が下されるのかどうかはまだ分からない」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集