[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15点差ひっくり返すバスケ日本の逆転アンドワンにSNS大興奮「比江島タイム発動」「勝手に涙が」

バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は8月31日、世界ランク36位の日本が順位決定リーグ(L)で同17位のベネズエラに86-77で勝利。48年ぶりの自力での五輪出場へ王手をかけた。最終Qで逆転のアンドワンが決まった瞬間、日本のバスケファンが歓喜。「比江島タイム発動」「めちゃくちゃ声出たわ」などと興奮の声が上がった。

大逆転に貢献した比江島は富樫と抱擁【写真:(C)FIBA】
大逆転に貢献した比江島は富樫と抱擁【写真:(C)FIBA】

バスケットボールW杯

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は8月31日、世界ランク36位の日本が順位決定リーグ(L)で同17位のベネズエラに86-77で勝利。48年ぶりの自力での五輪出場へ王手をかけた。最終Qで逆転のアンドワンが決まった瞬間、日本のバスケファンが歓喜。「比江島タイム発動」「めちゃくちゃ声出たわ」などと興奮の声が上がった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 また格上相手の逆転劇だ。最終Qで53-68と一時は最大15点差をつけられた日本。ここから比江島の3ポイントシュート3本を含む11得点などで怒涛の追い上げを見せ、73-74まで迫った残り1分55秒だった。スティールした馬場が一気に駆け上がり、自らシュートに行くと思いきや比江島にパス。相手に接触されながらもレイアップを決め、逆転。しかもアンドワン獲得となった。

 沖縄アリーナは大喝采。比江島がフリースローも決め、その後も一気にベネズエラを突き放した日本がパリ五輪出場に王手をかけた。

 逆転の瞬間の映像をDAZN公式X(旧ツイッター)が公開。バスケファンは大興奮で「逆転のエンドワンには震えた」「勝手に涙出てきた」「家でめっちゃ叫んだw」「全比江島ファンと抱き合いたい」「完全にゾーンに入ってたなあ」などと比江島のプレーをたたえた。

 この日はチーム最多23得点、3ポイントは7本中6本を成功させた比江島。「三井寿の完全再現で鳥肌たった」「ミッチーすぎる」「リアル三井寿になってた」と、スリーポイントシュートを得意とするスラムダンクの三井寿に例える声も多かった。日本は9月2日のカーボベルデ戦に勝利すれば、自力でパリ五輪出場権を獲得する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集