[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敵地で続出する大谷翔平への“靭帯提供希望者” 珍光景に米実況席も同調「こういう人は沢山いる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の敵地フィリーズ戦に「3番・DH」で出場し、5回に今季95打点目となる右前適時打を放つなど4打数1安打1打点の活躍。試合も10-8で勝ち、連敗を3で止めた。右肘靭帯の損傷が見つかり、今季は投手としての登板がなくなった中でも出場を続けている。敵ファンからも怪我を気遣うメッセージボードが掲げられる珍光景に、現地実況席も「こういう人はたくさんいるでしょうね」と同調するようなコメントを残している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地・フィリーズ戦に「3番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の敵地フィリーズ戦に「3番・DH」で出場し、5回に今季95打点目となる右前適時打を放つなど4打数1安打1打点の活躍。試合も10-8で勝ち、連敗を3で止めた。右肘靭帯の損傷が見つかり、今季は投手としての登板がなくなった中でも出場を続けている。敵ファンからも怪我を気遣うメッセージボードが掲げられる珍光景に、現地実況席も「こういう人はたくさんいるでしょうね」と同調するようなコメントを残している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 5-6と1点ビハインドの状況だった8回、大谷に続き、4番ドルーリーも四球で歩かされた際に、スタンドの男性は1枚のボードを掲げた。そこに書かれたメッセージは「ヘイ、ショウヘイ 私の靭帯を使って」。26日(同27日)のメッツ戦が行われたシティ・フィールドでもファンから同様のボードが掲げられて話題となったが、フィリーズ本拠地のシチズンズ・バンク・パークでも同じ。怪我が発覚してから1週間が経つが、敵地で大谷への“靭帯提供希望者”が出現する珍現象が続いている。

 米ペンシルベニア州地元局「NBCスポーツ・フィラデルフィア」の中継でも、実況のトム・マッカーシー氏は「このファンは靭帯を提供しようとしていますよ」と伝えると、解説のジョン・クルック氏は「間違いなくこういう人はたくさんいるでしょうね」とファンの思いを代弁。球界の宝を襲ったアクシデントを慮っていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集