[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

疑惑のローブローで「世界王者が生き延びる」 ヘビー級ウシクが“救われた”判定に海外注目

ボクシングのWBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチが26日(日本時間27日)にポーランドで開催され、王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)がWBA正規王者ダニエル・デュボア(英国)に9回KO勝ちした。5回にはウシクが強烈なローブローを受けて悶絶。このシーンについて海外メディアは「物議を醸した」と伝えている。

ダニエル・デュボア(右)にKO勝ちしたオレクサンドル・ウシク【写真:ロイター】
ダニエル・デュボア(右)にKO勝ちしたオレクサンドル・ウシク【写真:ロイター】

WBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチ

 ボクシングのWBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチが26日(日本時間27日)にポーランドで開催され、王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)がWBA正規王者ダニエル・デュボア(英国)に9回KO勝ちした。5回にはウシクが強烈なローブローを受けて悶絶。このシーンについて海外メディアは「物議を醸した」と伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 9回にジャブ気味の右パンチでデュボアを下したウシクだが、5回にはデュボアが繰り出した右ボディーを被弾。顔をゆがめてキャンバスに四つん這いとなり、ローブローと判断されていた。

 このシーンについて、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」オーストラリア版は「『だまし取られた』:『酷い』判定で世界王者が生き延びる世界戦での驚くべきドラマ」と報道。「ウシクの大勝は物議を醸した。5回にデュボアがローブローと思われる一撃でウシクの腹部を捉え、長い中断を強い、王者に計り知れない心地悪さを与えた」とローブローの場面を振り返り、判定が議論を呼んでいることを伝えている。

「パンチは合法的でウシクはカウントを数えられるべきだったかどうかの論争を呼んだ」という今回の一件。デュボア陣営が「再戦へ向け訴える」と語ったとされるなど、今も波紋が広がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集