[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上で揺れた戦禍のウクライナ国旗 避難生活を送る21歳マフチフが悲願の金メダル

ブダペスト世界陸上は27日(日本時間28日)、女子走り高跳び決勝が行われ、ヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)が2メートル1で初優勝。ロシアによるウクライナ侵攻で避難生活を続けながら戦ってきた21歳が悲願の金メダルを獲得した。

世界陸上女子走り高跳びで金メダルを獲得したウクライナのヤロスラワ・マフチフ【写真:ロイター】
世界陸上女子走り高跳びで金メダルを獲得したウクライナのヤロスラワ・マフチフ【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は27日(日本時間28日)、女子走り高跳び決勝が行われ、ヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)が2メートル1で初優勝。ロシアによるウクライナ侵攻で避難生活を続けながら戦ってきた21歳が悲願の金メダルを獲得した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 マフチフはウクライナカラーの黄色と水色のアイメイクを施し、2回目で2メートル1にただ一人成功。昨年のオレゴン大会で優勝選手と同じ2メートル2を跳びながら試技数の差で2位に終わった悔しさを晴らし、金メダルに輝いた。母国の国旗を背負い、歓喜を表現。その意味を知る会場からは惜しみない拍手が送られた。

 ドニプロペトロウシク州生まれのマフチフは、昨年開始されたロシアによるウクライナ侵攻以降、避難生活を続けながら同3月の世界室内で優勝。夏のオレゴン世界陸上では、いつ普通の生活に戻れるのかを問われ、こんな悲痛な想いを明かした。

「ウクライナの人々は一生このことを覚えている。戦争が終わったとしても、そのあと多くの街を立て直さなきゃいけない。とても難しいことだから、この問いに対する答えはないわ」

 あれから1年、未だ終わりの見えない戦禍にある母国の想いを背負い、今大会唯一のウクライナ金メダリストに。五輪公式サイトも「マフチフはジュニアアスリートとして示した計り知れない約束された彼女の能力を遂に発揮し、表彰台の頂点に立った」と称賛した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集