[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB球場の所有者へ「大谷翔平の特別な予防策が必要」 メッツ戦のビジョン破壊に米メディア指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、ニューヨークで行われたメッツ戦で“ビジョン破壊打”を放った。右翼ポール際への大ファウルが直撃。故障してしまったが、これに対してメッツが送ったユーモアあふれる“文言”が米メディアの注目を浴びた。

メッツ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
メッツ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷の特大ファウルが大型ビジョンを破壊…すかさず届いた“請求書”

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、ニューヨークで行われたメッツ戦で“ビジョン破壊打”を放った。右翼ポール際への大ファウルが直撃。故障してしまったが、これに対してメッツが送ったユーモアあふれる“文言”が米メディアの注目を浴びた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

「2番・DH」で先発した大谷は初回の第1打席で、右翼ポール際へ大飛球を放った。これが大型ビジョンを直撃し、その一角は映像が表示されず真っ黒になった。メッツはその後、大谷の成績などを紹介するビジョンに「請求書を送るからね」と表示し、これが話題となった。

 米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「シティ・フィールドで電球を破壊したショウヘイ・オオタニに、メッツが面白いメッセージを送る」と題した記事で紹介した。

「どうもショウヘイ・オオタニが相手の1日を完全に台無しにする方法は、ホームランと三振だけではないらしい」「オオタニの驚くほど正確な打撃は、単なるアクシデントとして片付けられるかもしれない。しかし、メッツには単刀直入にメッセージを伝えるという別のアイディアがあったようだ」として、大谷とメッツの“やりとり”を伝えている。

 さらに「ア・リーグの元MVPの大谷は(シティフィールドのある)クイーンズでプレーした夜、大勢のファンを驚かせる別の方法を見つけた、たとえそれがメッツのオーナーにダメージを与えたとしても」と、大谷があらゆる方法でメッツを“攻撃”したとした。

 またMLB公式サイトも「メッツのスコアボードを荒らすショウヘイ」というタイトルで紹介。「オオタニのほぼホームランだった打球は、曲がってファウルとなった。その時速107.3マイル(172.7キロ)で飛んだボールは、スコアボードのパネルを破壊した」と打球そのものに驚いている。

 その上で“請求書”の一件を紹介。「彼の驚異的なパワーを考えると、オオタニがこういったことをもっと頻繁に起こさないのは驚きだ」「将来、MLBスタジアムを所有している者は、オオタニが来る時に特別な予防策をとる必要があるかもしれない」と、各球場に大谷への“警戒令”を発していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集