[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NY紙最敬礼、大谷翔平は「半分でも観戦に値」 やられたメッツは「壮大なブーイング引き起こす」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地メッツ戦に「2番・DH」で出場し、3打数2安打1打点2四球に加え、連続盗塁を決めるなど大暴れで5-3の勝利に貢献した。辛口で知られる敵地ニューヨークメディアは、右肘靭帯を負傷しながら打者として活躍する大谷に「スーパースターを希有たらしめる現実」と最敬礼を贈っている。

メッツ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
メッツ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

メッツ戦で2長打2盗塁の活躍

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地メッツ戦に「2番・DH」で出場し、3打数2安打1打点2四球に加え、連続盗塁を決めるなど大暴れで5-3の勝利に貢献した。辛口で知られる敵地ニューヨークメディアは、右肘靭帯を負傷しながら打者として活躍する大谷に「スーパースターを希有たらしめる現実」と最敬礼を贈っている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

「ショウヘイ・オオタニはピッチングをせずとも、勝利のために投球以外の全てを成し遂げる」と見出しで特集したのはNY地元紙「ニューヨーク・ポスト」だった。

 敵地シティ・フィールドが大谷劇場と化した。初回の第1打席で二塁打を放ったが、その前に右翼ポール際への大ファウルで観衆を沸かせた。大飛球がビジョンに直撃し、ビデオボードの一角を破壊。観客の度肝を抜いた次の打席では三塁打。第3打席には四球で出塁後に二盗、三盗を決めて見せた。

 記事では「ショウヘイ・オオタニの肘に関するパニックから茫然自失する中、スーパースターを稀有たらしめたのが現実だった。これが二刀流選手についての事実だ。怪我をしても、別の方法で依然として貢献できるのだ」と称賛している。

 大谷は自身2度目となる右ひじの内側側副靭帯損傷が発表されたが、故障をものともしない躍動ぶりに、記事では「彼は来季、圧巻のスピードを持った恐怖の打者として復帰することになるだろう」とエリート打者・大谷の来季の活躍にも太鼓判を押している。

 さらに第3打席で四球となった時の球場のファンのリアクションにも注目。「(投手の)フィル・ブリックフォードはオオタニに5球で四球を与えたが、どれもストライクゾーンから程遠い投球だった。球場での凄まじいブーイングは驚きべきほどに素晴らしい価値を示すものだった」と目の肥えたNYファンの怒りと、深い大谷愛を指摘している。9回には2試合連続の申告敬遠となったが「この夜最も壮大なブーイングを引き起こした」と報じた。

「ベーブ・ルース以降、前代未聞のユニコーンである大谷の全ては鑑賞の価値がある。たとえ、彼の有効性の半分が危機に瀕していたとしても、だ」

 今オフFAとなる大谷の移籍先には大富豪のスティーブ・コーエン氏がオーナーを務めるメッツの名前も地元メディアで挙がっている。打者の一刀流でも、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が昨季記録したア・リーグ記録の62本塁打を脅かすスラッガーという絶大な評価を与えた上で、「メッツは完全なオオタニ体験を享受できなかったが、半分のショーでも観戦に値するものなのだ」と終始絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集