[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、5000m決勝8位入賞の快挙! 日本人26年ぶり、声を震わせ「悲しみが怒りに変わり、この1年間努力して…」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は26日(日本時間27日)、女子5000メートル決勝が行われ、23歳の田中希実(New Balance)は14分58秒99で8位。日本人過去最高位だった1997年アテネ大会8位・弘山晴美と並び、26年ぶり2度目の入賞の快挙だった。23日(同24日)の予選では、従来を15秒近く上回る衝撃の日本新記録14分37秒98をマーク。これで3大会連続3度目の世界陸上最後となる4本目のレースを終えた。キピエゴン(ケニア)が14分53秒88で優勝した。

世界陸上・女子5000メートル決勝で走る田中希実【写真:奥井隆史】
世界陸上・女子5000メートル決勝で走る田中希実【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は26日(日本時間27日)、女子5000メートル決勝が行われ、23歳の田中希実(New Balance)は14分58秒99で8位。日本人過去最高位だった1997年アテネ大会8位・弘山晴美と並び、26年ぶり2度目の入賞の快挙だった。23日(同24日)の予選では、従来を15秒近く上回る衝撃の日本新記録14分37秒98をマーク。これで3大会連続3度目の世界陸上最後となる4本目のレースを終えた。キピエゴン(ケニア)が14分53秒88で優勝した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 トラックを12周半する5000メートル。1周目は1万メートルの2冠を目指すツェガイ(エチオピア)が先頭を切り、田中は16人の中団につけた。先頭の1000メートル通過は2分55秒。以降は一気にペースが落ち着き、3000メートルは9分16秒で通過した。残り4周に入ると徐々にペースが上がり、田中も上位進出。4000メートルを3番手につけ、最終盤の勝負へ。残り1周は8、9番手からラストスパート。一時6番手まで上がり、最後は8位でゴールを駆け抜けた。

 レース後の中継局インタビューでは「牽制が入ったりペース変動が激しいレースだった。その中で脚を削り取られることなく、ラスト1周まで食らいつくことができたので、自分自身にワクワクしながら最後まで走り抜けられた」と手応えを感じた様子だ。

 続けて、解説の高橋尚子さんから「今までたくさん苦しいことがあり、涙を流したこともある。その経験がどう生きましたか」と問われると「やっぱり去年のオレゴンはむなしくて悲しくて、何の悲しみかわからなかったけど、その悲しみが怒りに変わって、この1年間努力してきて。でも、やっぱり怒りだけじゃなく、自分自身への許しが必要なんだと、この大会で初めて気づくことができた」と振り返った。

 さらに、声を震わせながら「それを気付かせてくれたのはいろんな支えがあったから。私一人じゃここまで来られなかったので、感謝の気持ちでいっぱいです」と目に涙を浮かべ、支えてくれた人たちへの感謝を述べた。

 今大会は、東京五輪で8位入賞した1500メートル準決勝を組12着、全体23番手のともに最下位(1人途中棄権)で敗退。雪辱を目指した5000メートル予選は、全体6番手で2大会連続の決勝進出を決めた。しかも、15秒近くも縮める衝撃の日本新。涙を流した昨年の悔しさを晴らすように力走した。

 昨年オレゴン大会は日本人初の個人3種目に出場。1500メートルは日本人過去最高の準決勝組6着ながら敗退、800メートルは予選落ち、5000メートルは決勝12位だった。今年4月からNew Balanceに所属し、覚悟を決めてプロ転向。6月の日本選手権は1500メートルと5000メートルでぶっちぎって史上初の2年連続2冠を達成し、ケニア合宿などを挟んで今大会を迎えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集