[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子マラソン日本勢は入賞ならず 松田瑞生が最高13位、加世田19位、佐藤20位…優勝はシャンクル

ブダペスト世界陸上は26日、女子マラソンが行われ、A.B.シャンクル(エチオピア)が2時間24分23秒で初優勝。31歳で金メダルに輝いた。2位は前回女王のG.ゲブレシラシエ(エチオピア)、3位はF.E.ガルダディ(モロッコ)が入った。松田瑞生(ダイハツ)が2時間29分15秒の13位で日本人トップ。加世田梨花(ダイハツ)が2時間31分53秒の19位、佐藤早也伽(積水化学)が2時間31分57秒の20位で、日本勢の入賞はならなかった。

世界陸上・女子マラソン、日本勢最高の13位だった松田瑞生【写真:奥井隆史】
世界陸上・女子マラソン、日本勢最高の13位だった松田瑞生【写真:奥井隆史】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は26日、女子マラソンが行われ、A.B.シャンクル(エチオピア)が2時間24分23秒で初優勝。31歳で金メダルに輝いた。2位は前回女王のG.ゲブレシラシエ(エチオピア)、3位はF.E.ガルダディ(モロッコ)が入った。松田瑞生(ダイハツ)が2時間29分15秒の13位で日本人トップ。加世田梨花(ダイハツ)が2時間31分53秒の19位、佐藤早也伽(積水化学)が2時間31分57秒の20位で、日本勢の入賞はならなかった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 朝日に照らされたランナーたちが、ブダペストの美しい街並みを駆け抜けた。現地時間午前7時に号砲。いきなり集団の前に出たのが加世田だった。国際映像のど真ん中を堂々と走る。2キロすぎまで引っ張ったが、その後は松田、佐藤とともにペースを上げた集団の中でレースを進めた。

 チャチャ(エクアドル)、サリバン(米国)の2人が抜け出して7キロを通過。しかし、10キロ過ぎで集団が追いついた。12キロ過ぎを加世田が2位で通過。直後、エチオピア勢を中心に一気にペースが上がった。加世田は先頭集団のやや後ろ、松田と佐藤は第2集団でレースを進めた。16キロ手前、セーチェーニ鎖橋を走る中で佐藤が先頭集団に加わり、さらに17キロ過ぎの下りで松田も追いついた。

 日本選手3人が先頭集団を走る中、19キロ過ぎでチュランガット(ウガンダ)が転倒。後ろを走っていた松田が巻き込まれそうになったが、なんとか事なきを得てレースを続けた。周回レースは3周目、24キロ付近からアフリカ勢を中心にした先頭集団から日本勢が遅れ始める。25キロ時点で松田が50メートルほど離され、加世田がさらにその後ろをついていった。

 レースは留学生として青森山田高を卒業し、日本の実業団でも活躍してきたワンジル(ケニア)、シャンクルらエチオピア勢らが引っ張ってラスト1周へ。エチオピア勢の4選手が一気に前に出た。しかし33キロ過ぎでゲメチュが腰を押さえて走るのを止め、脱落。ここからエチオピア3選手によるメダル争いとなった。34キロ地点でシャンクルがスパート。前回金のゲブレシラシエ、エフラウを引き離し、見事に世界女王となった。2位はゲブレシラシエ、3位はエフラウを抜いたモロッコのガルダディとなった。

 日本勢最上位は松田。最後は歯を食いしばるようにしてフィニッシュした。足はふらつき、関係者に支えられながら移動した。加世田、佐藤は4秒差でゴール。ともにシーズンベストだった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集