[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「新しい靭帯送って」 “微妙判定”へのリアクションに米指摘「惑星と交信してる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、25日(日本時間26日)のメッツ戦で見せたリアクションが注目を浴びている。“微妙判定”へ向けた表情が「出身惑星と交信している」と話題に。米投球分析家が動画を公開すると、米データ分析会社は「新しい内側側副靭帯送って」と反応した。

メッツ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
メッツ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平の行動に注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、25日(日本時間26日)のメッツ戦で見せたリアクションが注目を浴びている。“微妙判定”へ向けた表情が「出身惑星と交信している」と話題に。米投球分析家が動画を公開すると、米データ分析会社は「新しい内側側副靭帯送って」と反応した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷は右肘の靭帯損傷が判明後も打者として出場。3回の第2打席、カウント1-1からの3球目、96.2マイルの高め直球を見送ったが、球審のコールはストライク。スイングを途中で止めた大谷はなんとも言えない表情で天を見上げている。

 動画をX(旧ツイッター)に公開したのは、米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏。この投稿に米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」が反応した。「ショウヘイが彼の出身惑星と交信しているところが捉えられた」とつぶやき、さらに「今、強い球は投げられないけど、打てるから新しい内側側副靭帯送って」と指摘した。

 大谷は次のボールをうまく拾うと、強烈な右越え二塁打でやり返した。投稿には、米ファンは「俺のあげるよ。必要ないから」「NASAに今すぐ調べさせろ」と反響が集まり、回復を祈る気持ちがあふれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集