[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「他の誰かが金メダルならハルカに獲って欲しくて」 北口榛花を熱烈応援した銅メダル選手が友情の称賛【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子26年ぶり、トラック&フィールド種目初の金メダルを獲得。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の世界一に輝いた。3位となったマッケンジー・リトル(豪州)は「他の選手が金メダルを獲るならハルカに獲って欲しかったからとても嬉しい」と祝福した。

世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:Getty Images】
世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子26年ぶり、トラック&フィールド種目初の金メダルを獲得。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の世界一に輝いた。3位となったマッケンジー・リトル(豪州)は「他の選手が金メダルを獲るならハルカに獲って欲しかったからとても嬉しい」と祝福した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 決勝は1投目でルイス・フルタド(コロンビア)がいきなり65メートル47のビッグスローで1位のまま最終投てきへ。北口は5投目を終えて63メートル00で3位。しかし、リトルは最終6投目で63メートル38で一気に5位から2位に浮上した。ただ、最後から2人目の北口が66メートル73で大逆転。フルタドは銀メダルに、リトルは銅メダルになった。しかし、北口の投てきを見ていたかを競技後に問われると「あ~見たわよ! とってもアメージングだった」と語った。

「彼女の笑顔は本当に周りまで笑ってしまうようなもので、スーパースターよね」と言ったリトルは「私は銀メダルの位置にいて銀メダルが欲しかったけれど、他の選手が金メダルを獲るならハルカに獲って欲しかったからとても嬉しかったわ」と粋なフレーズで祝福した。

 自分が投げ終えた後は北口を応援していたといい、互いのメダルが確定した後は抱き合って祝福。「『イエス! イエス! イエス!』って感じ。それからハルカに『あなたは金メダルに値するよ』って伝えたの。だって、そうだからね。来年また競い合うのが待ちきれないわ」とパリ五輪で再び戦うことを望んだ。「銅メダルはとっても嬉しいわ。ハルカに『交換しようよ!』って聞いたんだけど『ノー』って言われちゃった(笑)。でもとっても嬉しいわ」と笑った。

 次回の世界陸上は2025年東京大会。「今季序盤にハルカと争ったから、次は何が起きるか見てみましょう」とも語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集