[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金メダル北口榛花「嬉しすぎて体が軽い、浮いてるんじゃないか(笑)」 愛嬌たっぷり“らしさ”満開の一問一答【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子では全種目を通じて26年ぶり、トラック&フィールド種目初の金メダル。昨年は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダルを獲得した25歳が、日本女子初となる2大会連続メダルとともに歴史的快挙を演じた。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の金メダルに輝き、取材エリアでは「嬉しすぎて体が軽い」と愛嬌たっぷりに笑い、“らしさ”を見せた。

世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:ロイター】
世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子では全種目を通じて26年ぶり、トラック&フィールド種目初の金メダル。昨年は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダルを獲得した25歳が、日本女子初となる2大会連続メダルとともに歴史的快挙を演じた。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の金メダルに輝き、取材エリアでは「嬉しすぎて体が軽い」と愛嬌たっぷりに笑い、“らしさ”を見せた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 5投目を63メートル00の3位で終えた北口はラスト6投目の直前に1人抜かれ、4位で最終投てきを迎えた。会場全体から拍手が沸き起こる中、勢いをつけた助走から右腕を振り抜くと、絶叫に後押しされて大スローとなった。1位だった選手の65メートル47超えを確信。衝撃を受けた会場から割れんばかりの歓声が起こり、金メダルが確定するとスタンドのコーチらと歓喜の抱擁を交わした。

 65メートル47のフルタド(コロンビア)が銀メダル、63メートル38のリトル(豪州)が銅メダルだった。

 前回大会は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダル獲得。世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会で日本人初優勝を含む2勝を達成した。成績上位者だけが出られるDLファイナルも3位に。今季も64メートル以上の好記録を連発したが、6月の日本選手権では59メートル92の2位。3連覇を逃し、号泣しながら苦悩を明かしていた。

 それでも、7月のDLシレジア大会を67メートル04で連覇。自身の日本記録を4年ぶりに塗り替え、復調を印象付けた。世界ランクは1位に君臨。日本女子では、1997年アテネ大会の鈴木博美以来となる世界陸上金メダルが期待されていた。来年パリ五輪の参加標準記録64メートル00を突破済み。代表内定の条件は今大会3位以内&日本人最上位だった。

 取材エリアでの主な一問一答は以下の通り。

――まずは心境を。

「嬉しすぎて体が軽いです(笑)。浮いているんじゃないかっていうくらい。現実だけど、本当にできたんだなと思います」

――投てきを振り返って。

「1投目で右ふくらはぎをつった。自分で伸ばしたり、揉んだりしていたら気にならなくなって、大丈夫だなと。コロンビアの選手に抜かれて、絶対に投げられると思うようにした。力と方向が合わなくて、つったことで修正が6投目までかかってしまった。自分は最終投てきに強いとずっと言われてきた。『本当に強いんだ』と思いこんだ」

――最後の投てきは。

「6回目は覚えていない。動画を見たいです。全然記憶にないです。とにかく叫んだとしか記憶にない。とりあえず高く投げろとコーチに言われて。でも、覚えていない。皆さんとテレビを見ないと(笑)。その後の選手の投てきは拍手をしながら見ていましたが、『絶対やめて。絶対やめて』と思っていました」

――逆転できる自信は。

「円盤投げとかも、この大会は何回も6投目に逆転が起きていた。ハンガリーのお客さんは国籍とか関係なく拍手をしてくれる。良くても、悪くても、後悔せずに臨もうと思っていた。誰もやったことのないことをやったし、たどり着かなかったところにたどり着けてよかった」

――緊張は。

「競技場に知っている人の顔がたくさん見えて、凄く安心した。凄く楽しめました。ユースで世界一になった時に、自分が(シニアでも)本当に世界一になれると信じて目標にしてきた。感慨深いです。ユースの時は君が代が聞いた覚えがない。どんな感じなんだろうって」

――前日の心境は。

「(夜の競技のため)昼に寝なさいと言われて、寝ようとしたらバクバク。心臓が出てきちゃうんじゃないかと。でも、スタジアムに入ったら知っている顔が本当にたくさんいて安心しました。昨日の昼から緊張して『持つのかな』って。夜はアイマスクをして寝られたけど、今日の昼も寝られなかった」

――ここまでの歩みを振り返って。

「つらいこともたくさんあったし、今は冷静に振り返られない。けど、本当に世界一になれると信じてこの競技を選んでよかった。自分で好きでチェコに渡ったけど、時間も違うし、ご飯も違うし、友だちもいないし、家族もいない。凄く寂しくなるけど、チェコでお世話になっている人も来てくれた。(2025年の)東京大会では日本でお世話になっている人に恩返ししたい」

――来年パリ五輪代表にも内定した。

「さっき知りました(笑)。五輪は他の選手の気迫が違うと思う。自分も世界チャンピオンとして気迫を出せるようにしたい。今回は世界ランク1位として臨んで違うともの感じた。これから世界チャンピオンとしてプレッシャーがかかるけど、負けないようにしたい」

――2連覇していたバーバー(豪州)も称えていた。

「本当に尊敬している選手。鑑が近くにいるので、自分もそうなりたい」

――やり投げを選んでよかったか。

「やってよかったって思える気がします」

――去年のオレゴン大会はメダルが軽いと言っていた。今回は?

「材質的に重いです(笑)。去年は木だったから」

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集