[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花が大逆転の金メダル! ラスト1投で4位から66m73に会場熱狂、日本女子26年ぶり&トラック・フィールド初金メダルの快挙【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子では全種目を通じて26年ぶりの金メダル。昨年は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダルを獲得した25歳が、日本女子初となる2大会連続メダルの快挙とともに歴史的快挙を達成。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の金メダルだった。

世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:Getty Images】
世界陸上・女子やり投げ決勝で金メダルを獲得し国旗を掲げる北口榛花【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、女子やり投げ決勝が行われ、昨年大会銅メダルの日本記録保持者・北口榛花(JAL)は66メートル73をマークし、日本女子では全種目を通じて26年ぶり、トラック&フィールド種目初の金メダル。昨年は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダルを獲得した25歳が、日本女子初となる2大会連続メダルとともに歴史的快挙を演じた。4位で迎えたラスト6投目で大逆転の金メダルだった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 とんでもない奇跡が最後に待っていた。5投目を63メートル00の3位で終えた北口はラスト6投目の直前に1人抜かれ、4位で最終投てきを迎えた。会場全体から拍手が沸き起こる中、勢いをつけた助走から右腕を振り抜くと、絶叫に後押しされて大スローとなった。1位だった選手の65メートル47超えを確信。衝撃を受けた会場から割れんばかりの歓声が起こり、金メダルが確定するとスタンドのコーチらと歓喜の抱擁を交わした。

 65メートル47のフルタド(コロンビア)が銀メダル、63メートル38のリトル(豪州)が銅メダルだった。

 前回大会は五輪も含め、日本女子フィールド種目で初のメダル獲得。世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会で日本人初優勝を含む2勝を達成した。成績上位者だけが出られるDLファイナルも3位に。今季も64メートル以上の好記録を連発したが、6月の日本選手権では59メートル92の2位。3連覇を逃し、号泣しながら苦悩を明かしていた。

 それでも、7月のDLシレジア大会を67メートル04で連覇。自身の日本記録を4年ぶりに塗り替え、復調を印象付けた。世界ランクは1位に君臨。日本女子では、1997年アテネ大会の鈴木博美以来となる世界陸上金メダルが期待されていた。来年パリ五輪の参加標準記録64メートル00を突破済み。代表内定の条件は今大会3位以内&日本人最上位だった。

 世界陸上で2大会連続でメダルを獲得したのは、男子ではハンマー投げ・室伏広治、20キロ競歩・山西利和、4×100メートル・桐生祥秀&多田修平、35キロ競歩・川野将虎がいるが、女子ではいなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集