[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

400mリレー日本男子が予選組3着で決勝進出! 4走サニブラウンが米国&ジャマイカに肉薄 決勝は「もらったら全力で走るだけ」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子4×100メートルリレー予選が行われ、2大会ぶりメダルの懸かる日本はシーズンベスト37秒71の1組3着で決勝進出を決めた。坂井隆一郎、柳田大輝、小池祐貴、サニブラウン・ハキームの走順。決勝は26日(同27日)に行われる。

世界陸上・男子4×100メートルリレー予選でアンカーとして走るサニブラウン・ハキーム【写真:Getty Images】
世界陸上・男子4×100メートルリレー予選でアンカーとして走るサニブラウン・ハキーム【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は25日(日本時間26日)、男子4×100メートルリレー予選が行われ、2大会ぶりメダルの懸かる日本はシーズンベスト37秒71の1組3着で決勝進出を決めた。坂井隆一郎、柳田大輝、小池祐貴、サニブラウン・ハキームの走順。決勝は26日(同27日)に行われる。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 5レーンの日本は1走の坂井が武器のカミソリスタートを切ると先頭争いを演じ、2走の柳田、3走の小池とスムーズなバトンパスでアンカーのサニブラウンに繋いだ。3番手で受けた日本のエースは8レーンの米国、7レーンのジャマイカを猛追し、差のない3着でゴールした。米国が今季世界最高37秒67で1着、ジャマイカが37秒68で2着。日本は米国と0秒04差、ジャマイカと0秒03差の3着だった。

 レース後、中継局のインタビューに応じたサニブラウンは決勝へ向け、「自分ところにしっかりと回してくれると思うので、もらったら全力で走るだけかなと思います」と意気込んだ。

 1走の坂井は「去年の世界陸上はリレーで本当に悔しい想いをしたので、今回予選通過できてよかった。ホッとしています」と安堵。一方で2走の柳田は「まだ少し余裕はあるので、決勝でタイム縮められればいいと思う」、3走の小池は「もうちょっと余裕をもって渡せるはずなので、バトンの流れ、個々の加速で本来の走りができれば、もっと余裕を持って渡せる。そこを修正していければいい」と課題を挙げた。

 日本は2017年ロンドン、19年ドーハで2大会連続銅メダルだった。昨年オレゴンは男子100メートル決勝進出の疲労を残したサニブラウン、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた小池を欠いた若いチーム。予選組4着でフィニッシュしたが、バトンミスによる失格で3大会連続の決勝進出を逃した。

 21年東京五輪は決勝でバトンを繋げず、途中棄権に終わった。この種目を引っ張ってきた山縣亮太、桐生祥秀、多田修平らは五輪以降、怪我やコンディション不良で代表に入れず。24年パリ五輪も控える中、“お家芸”復活へ次世代の台頭も望まれていた。

 今年7月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会は坂井、柳田、小池、上山紘輝で繋ぎ、日本歴代5位で今季世界最速タイ37秒80を出していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集