[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レース直前にアフリカ選手から「ありがとう日本、東京」 400m日本新・佐藤拳太郎に心温まる裏話【世界陸上】

ブダペスト世界陸上の男子400メートルに出場した佐藤拳太郎(富士通)は、20日に行われた予選で44秒77の日本新記録をマーク。1991年に高野進が記録していた44秒78を32年ぶりに更新した。新たな歴史を築いた佐藤は自身のX(旧ツイッター)を更新し、世界記録保持者の外国人選手とのレース直前のエピソードを紹介し、「温かい気持ちになりました」と振り返っている。

男子400メートルに出場した佐藤拳太郎【写真:ロイター】
男子400メートルに出場した佐藤拳太郎【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上、舞台裏のエピソードを紹介

 ブダペスト世界陸上の男子400メートルに出場した佐藤拳太郎(富士通)は、20日に行われた予選で44秒77の日本新記録をマーク。1991年に高野進が記録していた44秒78を32年ぶりに更新した。新たな歴史を築いた佐藤は自身のX(旧ツイッター)を更新し、世界記録保持者の外国人選手とのレース直前のエピソードを紹介し、「温かい気持ちになりました」と振り返っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 予選で会心の走りを見せ、新たな歴史の扉を開いた佐藤。44秒77をマークし、トラックの五輪種目では最古の日本記録を更新した。22日の準決勝でも44秒99を記録したが、組5着となり惜しくも敗退。決勝進出を逃したものの、今大会で鮮烈なインパクトを残した日本人選手の1人となった。

 そんな佐藤が、23日に自身のXを更新。レース直前に起きた出来事を振り返っており、「招集場に入った際、世界記録保持者のWayde van Niekerk選手が真っ先に握手をしてくれて、更に来る選手全員に同じことをしていて、温かい気持ちになりました」と、準決勝で同組を走ったウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)が見せた振る舞いを紹介。「その後日本語で『ありがとう日本、ありがとう東京』と何度も言ってくれて、トップアスリートであると共に人格者だなと改めて思いました」と感銘を受けたことを伝えている。

 この投稿にネット上の日本人ファンも、「強さの秘訣って人柄のよさもあるのかな」「素晴らしいエピソード」「めちゃいい話」「涙出ますね」など、トップアスリート同士の舞台裏の交流に反応している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集