[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

橋岡優輝は1.4cmオーバーのファウルに泣く 走り幅跳び7m94で予選敗退、ネット「めっちゃ惜しい」

ブダペスト世界陸上は23日、男子走り幅跳び予選が行われた。橋岡優輝(富士通)は7メートル94で、3大会連続の決勝進出を逃した。3回目の試技で大きな跳躍を見せるも、踏み切り板を僅か1.4センチオーバーしており、惜しくもファウルになった。

世界陸上・男子走り幅跳びの橋岡優輝【写真:ロイター】
世界陸上・男子走り幅跳びの橋岡優輝【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は23日、男子走り幅跳び予選が行われた。橋岡優輝(富士通)は7メートル94で、3大会連続の決勝進出を逃した。3回目の試技で大きな跳躍を見せるも、踏み切り板を僅か1.4センチオーバーしており、惜しくもファウルになった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 2021年の東京五輪で6位入賞を果たしている橋岡。1回目はファウル、2回目に7メートル94を跳んだ橋岡。予選突破へさらに大きな跳躍が求められた最後の試技で、体をふわりと浮かせた。8メートルを越える記録が生まれたかと思われたが、惜しくもファウル。踏み切り板を1.4センチオーバーしており、天を見上げた。

 予選通過を期待したX(ツイッター)上の陸上ファンも「いけたと思ったけど+1.4cmか…おしい!」「軽く8m15を超えるナイスジャンプでしたが、なんと僅か1.4cmのファウルとは」「めちゃくちゃ良いジャンプだっただけに悔しいな、、、」「めっちゃ惜しかった」などど悔しがっていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集