[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

普通あり得ないCY賞&三冠王が夢じゃない…大谷翔平の異常ぶりにネット震撼「宇宙人ですね」

エンゼルスの大谷翔平投手は、現在43本塁打でア・リーグ本塁打王争いを独走。打撃3冠も不可能ではなく、MVP受賞は濃厚だとされている。さらにここにきて、防御率でもトップに肉薄。すでに10勝していることもあり、最高の投手に贈られるサイ・ヤング賞の可能性までも出てきている。この現象に日本のファンからも「すごすぎて笑えてくる」「異常すぎますよね」との声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

10勝している投手が43本塁打…理解不能な数字

 エンゼルスの大谷翔平投手は、現在43本塁打でア・リーグ本塁打王争いを独走。打撃3冠も不可能ではなく、MVP受賞は濃厚だとされている。さらにここにきて、防御率でもトップに肉薄。すでに10勝していることもあり、最高の投手に贈られるサイ・ヤング賞の可能性までも出てきている。この現象に日本のファンからも「すごすぎて笑えてくる」「異常すぎますよね」との声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷は現在防御率3.17でア・リーグ5位。トップのゲリット・コール(ヤンキース)は3.03でその差は「0.14」。今後の投球次第では十分タイトル圏内だ。さらに10勝はトップと3差の8位タイ、165奪三振はトップのケビン・ガウスマン(ブルージェイズ)と22個差の5位と主要部門で軒並み上位につけており、サイ・ヤング賞の可能性まで取りざたされるようになってきた。

 打撃での突出ぶりは言うまでもない。43発は2位のルイス・ロバートJr.(ホワイトソックス)に10本差をつける独走。打率は.306でトップのヤンディ・ディアス(レイズ)と.019差の3位。昨季の.273から大きく向上させており、日本でもなかった規定打席に乗せての3割も見えている。89打点もトップのアドリス・ガルシア(レンジャーズ)から4差の3位で、いわゆる打撃3冠の可能性まである。

 この異次元の成績に、SNS上では日本のファンからの「二刀流でどっちも一流って、宇宙人ですよ」「投手が本塁打王。このワードだけでもう異常すぎますよね」「すごすぎて笑えてくる」「とんでもない成績ですよ」「こんな野球選手が誕生するなんて」という驚きの声があふれている。

「間違いなく過去最高のシーズン」という声も多い今季。最終的にどんな成績を残し、いくつのタイトルを奪うだろうか。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集