[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上で生まれた三段跳決勝6mmファウル判定 米実況席も驚き、映像で観ても「かなり際どいです」

ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、決勝が行われた男子三段跳びでわずか6ミリのファウルで17メートル級のジャンプが幻になり、選手が猛抗議する場面があった。本人は「NO! NO! これを見てくれ!」と訴えたが、結果は変わらず。一方で、中継していた地元の米実況席も「それでもかなり際どい」と驚きを隠せない様子だった。

世界陸上・男子三段跳び決勝に出場したウィル・クレイ【写真:ロイター】
世界陸上・男子三段跳び決勝に出場したウィル・クレイ【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は21日(日本時間22日)、決勝が行われた男子三段跳びでわずか6ミリのファウルで17メートル級のジャンプが幻になり、選手が猛抗議する場面があった。本人は「NO! NO! これを見てくれ!」と訴えたが、結果は変わらず。一方で、中継していた地元の米実況席も「それでもかなり際どい」と驚きを隠せない様子だった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 映像で観ても識別するのはかなり難しい領域だった。

 2本目で16メートル99を跳んでいたウィル・クレイ(米国)は3本目がファウル、4本目で今度は17メートル級のジャンプを演じた。さらに記録を伸ばしたかのように見えたが、判定はファウル。スロー映像で見返しても微妙なラインだった。

 審判員と映像を確認しながら説明を受けたが、クレイは納得がいかない様子。米放送局「NBC」のストリーミングサービス「ピーコック」の中継では「NO! NO! これを見てくれ! チャレンジする。NO!」と猛抗議する声がマイクに拾われたほど。

 ただ、審判員は「ここ(足の裏が踏み切りラインに残っている状態)は重要じゃない。ここ(踏み切ってつま先のみ残った状態)でラインにかかっている。ファウルだ」と説明。中継の画面では「+0.6cm」、つまり6ミリだけラインを越えていると紹介された。

 世界陸上を中継しているTBSの情報番組でも紹介され、日本のファンからは「そこまで見る?」とネット上で驚きの声が上がった。その感情は中継していた上述の地元「NBC」の実況席も同じだった。

 17メートル2以上ならこの時点で2位に浮上しただけに、実況席も「踏み切りで足を平らに着いた瞬間はジャンプ成功に見えますが、踏み切ってつま先の先端が残った状態を見ると、それでもかなり際どいです」と目をこらしながら、声を上げた。

 クレイは過去に世界陸上でメダルを獲得したこともある実力者。ラスト5本目も16メートル89と記録を伸ばせず、7位にとどまった。

 金メダルは17メートル64のユーグ・ファブリス・ザンゴ(ブルキナファソ)、銀メダルは17メートル41のラザロ・マルティネス(キューバ)、銅メダルは17メートル40のクリスティアン・ナポレス(キューバ)だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集