[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー4000安打の瞬間、同じ場にいた2人の日本人選手 10年経過で再注目「めっちゃ嬉しそう」

日米通算4367安打を残したイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)は、2013年8月21日(日本時間22日)に、日米通算4000安打という前人未到の節目に到達した。ちょうど10年が経過するこの日、MLBが当時の映像を改めて公開。同じグラウンドにいた2人の日本人にも注目が集まっている。

2013年8月21日(日本時間22日)に通算4000安打を達成したイチロー【写真:Getty Images】
2013年8月21日(日本時間22日)に通算4000安打を達成したイチロー【写真:Getty Images】

イチロー氏はヤンキース時代の2013年8月21日に日米通算4000安打

 日米通算4367安打を残したイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)は、2013年8月21日(日本時間22日)に、日米通算4000安打という前人未到の節目に到達した。ちょうど10年が経過するこの日、MLBが当時の映像を改めて公開。同じグラウンドにいた2人の日本人にも注目が集まっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 当時イチロー氏はヤンキースに在籍しており、21日にヤンキースタジアムで行われたブルージェイズ戦には「2番・右翼」で出場。初回の打席で先発のRA・ディッキーから左前打で達成した。

 この場面を、同じグラウンドレベルで見守った日本人選手が2人いた。1人はヤンキースのベンチにいた黒田博樹投手で、もう一人は、ブルージェイズの「9番・二塁」で先発出場した川崎宗則内野手だ。

 打球が左前にゴロで抜けると、黒田らヤンキースナインが一塁に集まり次々にイチロー氏とハグ。その後イチロー氏はヘルメットをとり、深々とスタンドに向けて頭を下げた。これにグラブを取って拍手を送ったのが、イチロー氏を師とあおぐ川崎だ。

 MLBが歴史的偉業を振り返る「MLB ボールト」が公式X(旧ツイッター)に公開した当時の動画には、彼らの姿もしっかり収められている。日本のファンからは「もう10年経ったのか~」「川崎がいたっていうタイミングも凄いよなぁ」「川崎宗則が居て満面の笑顔なのがたまらない」「ムネリンめっちゃ嬉しそう」と、川崎の何物にも代えがたい笑顔へのコメントが多数。また米国のファンからは「彼がヤンキースにいたこと忘れていた」「この選手はとても凄かった。彼は何でもできた。彼がいなくなってさみしい」とイチロー氏への賛辞が寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集