[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の少年が死球判定に取った正直な行動に米称賛 リトルリーグ世界大会で「野球への敬意がいいぞ」

米国で開催中のリトルリーグ・ワールドシリーズで日本の少年が取った正直な行動が称賛されている。顔面付近に来た投球がバットのグリップに当たったように思われたが、打者は正直にファウルをアピール。その様子を名物米投球分析家ロブ・フリードマン氏が「正直なリトルリーグの少年」として行動を取り上げ、ファンからも「野球への敬意がいいぞ」の声が上がった。

リトルリーグ・ワールドシリーズで日本の選手の正直さが話題だ(写真はロブ・フリードマン氏のXより)
リトルリーグ・ワールドシリーズで日本の選手の正直さが話題だ(写真はロブ・フリードマン氏のXより)

リトルリーグ・ワールドシリーズで注目

 米国で開催中のリトルリーグ・ワールドシリーズで日本の少年が取った正直な行動が称賛されている。顔面付近に来た投球がバットのグリップに当たったように思われたが、打者は正直にファウルをアピール。その様子を名物米投球分析家ロブ・フリードマン氏が「正直なリトルリーグの少年」として行動を取り上げ、ファンからも「野球への敬意がいいぞ」の声が上がった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 フリードマン氏は21日(日本時間22日)にX(旧ツイッター)で1本の動画を投稿した。それはこの日、行われたリトルリーグ・ワールドシリーズの日本―チャイニーズ・タイペイ戦の模様。初回の日本の攻撃、顔面付近に来た投球を避け、バットのグリップに当たったように見えたが、球審は死球を宣告した。すると、打席の少年はバットのグリップを指してアピールした。

 フリードマン氏は「アキト・マスダ、正直なリトルリーグの少年。球審にバットに当たったことを伝える」と正直に伝えようとした少年に称賛を込めて紹介した。続けて「リプレーで正しい判定になった」と紹介し、判定はファウルに覆ったようで、米ファンからも「野球への敬意がいいぞ」「リトルリーグ・ワールドシリーズでのスポーツマンシップはいつもスポーツ界で最高だ」と少年に拍手を送るコメントが上がった。

 今大会、日本は全日本リトルリーグ選手権を制した武蔵府中リトル(東京)が出場している。試合は0-10で敗れたものの、米国でも人気のあるリトルリーグ世界大会で生まれたスポーツマンシップに注目が集まった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集