[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶応103年ぶり決勝進出に高校野球ファン衝撃 「一世紀超えやん…」「103年ぶり(大正9)」

夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は21日、準決勝で慶応(神奈川)が2-0で土浦日大(茨城)に勝利し、103年ぶりの決勝進出を決めた。ネット上の高校野球ファンも「103年ぶりとか一世紀超えやん…!」「脳がバグる」と驚きと興奮の声を上げている。

慶応の小宅雅己【写真:中戸川知世】
慶応の小宅雅己【写真:中戸川知世】

夏の甲子園、準決勝

 夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は21日、準決勝で慶応(神奈川)が2-0で土浦日大(茨城)に勝利し、103年ぶりの決勝進出を決めた。ネット上の高校野球ファンも「103年ぶりとか一世紀超えやん…!」「脳がバグる」と驚きと興奮の声を上げている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 1920年以来の決勝だ。慶応は2年生エースの小宅雅己が好投。118球で7安打完封となった。小宅は2回、先制の適時二塁打を放つなど投打に活躍。6回には主将の大村昊澄が貴重な右前適時打を放った。

 103年ぶりの決勝では仙台育英(宮城)と対戦。X(旧ツイッター)上のファンからは「103年ぶりとか一世紀超えやん……!熱い」「103年ぶり(大正9)の舞台です」「103年ぶりとかベーブルースかよ!」「数字だけ見ると脳がバグる」「1世紀……」「100回以上開けなかった扉をついに開く!」などと衝撃を受けていた。決勝は23日に行われる。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集