[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

泉谷駿介、男子110m障害で予選13秒33 組2着で余裕の準決勝進出、日本人初の決勝へ視界良好

ブダペスト世界陸上は20日、男子110メートル障害予選が行われ、日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が13秒33(追い風0.5メートル)を記録。組2着となり、準決勝進出を決めた。

男子110メートル障害予選で組2着となった泉谷駿介【写真:ロイター】
男子110メートル障害予選で組2着となった泉谷駿介【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は20日、男子110メートル障害予選が行われ、日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が13秒33(追い風0.5メートル)を記録。組2着となり、準決勝進出を決めた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 泉谷は予選2組、第6レーンで登場。スタートから飛び出すと、最後は2着でフィニッシュした。1着はフランスのベロシアンで13秒31。泉谷はレース後、「バランスが悪いレースになった。準決勝はそこを修正したい」と振り返った。

 今季は6月に13秒04の日本新記録で日本選手権3連覇を果たしたほか、世界最高峰の「ダイヤモンドリーグ」のローザンヌ大会で初優勝。同ロンドン大会では13秒06で2位に入った。この種目で、日本人史上初の決勝進出を目指している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集