[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の打球を追った塁審、勢い余った珍光景に米放送席が大盛り上がり「彼らもアスリート」

エンゼルスの大谷翔平投手が打ち上げた“背後”で起きていた珍事に、米メディアの放送席が沸いている。19日(日本時間20日)に本拠地で行われた、レイズとのダブルヘッダー第2試合での出来事だ。

ダブルヘッダー第2試合に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ダブルヘッダー第2試合に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷のポップフライを追うカメラが捉えた“決定的瞬間”

 エンゼルスの大谷翔平投手が打ち上げた“背後”で起きていた珍事に、米メディアの放送席が沸いている。19日(日本時間20日)に本拠地で行われた、レイズとのダブルヘッダー第2試合での出来事だ。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷は初回1死で打席に入り、レイズ先発ザック・エフリンの内角カットボールを打ち上げて三邪飛に倒れた。この打球を追った映像が捉えたのは、捕球を確認しに回った三塁塁審が、勢いのあまり足を滑らせ転倒。思い切り尻もちをつく場面だ。

 これに米カリフォルニア州の地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の放送席は大盛り上がり。実況のマット・バスガーシアン氏が「捕球のプロセスで球審がコケました。ここで……。おっと! 彼は大丈夫です」と驚きをもって伝えた。

 さらに解説のマーク・グビザ氏が「彼は『コケてなんかないよ』って感じです」と続けると、再びバスガーシアン氏は「冷や汗はかきません。Hahaha。彼らもアスリートですからね」と、審判への敬意を表していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集