[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「顔を見てくださいよ」 敵の驚くべき珍投球に米放送席は大爆笑「芝へ一直線でした」

エンゼルスの大谷翔平投手が思わず飛び上がった“珍プレー”に放送席もびっくりだ。19日(日本時間20日)、本拠地で行われたレイズとのダブルヘッダー第1戦の出来事。「2番・DH」で先発した大谷は初回、タイラー・グラスノー投手と対戦した場面だった。

レイズとのダブルヘッダー第1戦、「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レイズとのダブルヘッダー第1戦、「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レイズとのダブルヘッダー第1試合、初打席で遭遇した珍投球

 エンゼルスの大谷翔平投手が思わず飛び上がった“珍プレー”に放送席もびっくりだ。19日(日本時間20日)、本拠地で行われたレイズとのダブルヘッダー第1戦の出来事。「2番・DH」で先発した大谷は初回、タイラー・グラスノー投手と対戦した場面だった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 1死無走者、カウント2ストライクと追い込まれた大谷。3球目のカーブは、投本間のほぼ中間地点で大きくワンバウンドする大暴投となった。大谷も思わず飛び跳ねたかのように背を伸ばし、驚きの表情を浮かべている。

 これには敵側の放送席「バリースポーツ・フロリダ」の放送席も大騒ぎに。実況のアンディ・フリード氏は「おっと、ピントが捕球しました!」と驚き、解説のダグ・ウェクター氏も「フレーミングしなかったのが信じられませんね」とそろって大爆笑だ。

 さらにウェクター氏は「芝へ一直線でした。オオタニの顔を見てくださいよ。Hahahaha」と、笑いが止まらないといった様子。この後大谷は7球目のスライダーを空振りし三振に終わった。果たして珍投球の影響があったのか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集