[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上で感動のスポーツマンシップ ゴール直前で転倒1位→11位の女王をライバル慰め「素敵」「グッときた」

ブダペスト世界陸上は19日(日本時間20日)、女子1万メートル決勝で先頭を走っていたシファン・ハッサン(オランダ)がゴール20メートル手前で転倒し、31分53秒35で11位となる大波乱。しかし、2位になったライバルのレテセンベト・ギデイ(エチオピア)が抱擁し、慰めた。ネット上では「スポーツマンシップ溢れる対応に胸が熱くなった」と感動の声が上がった。

世界陸上・女子1万メートルのゴール直前に転倒するシファン・ハッサン【写真:ロイター】
世界陸上・女子1万メートルのゴール直前に転倒するシファン・ハッサン【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は19日(日本時間20日)、女子1万メートル決勝で先頭を走っていたシファン・ハッサン(オランダ)がゴール20メートル手前で転倒し、31分53秒35で11位となる大波乱。しかし、2位になったライバルのレテセンベト・ギデイ(エチオピア)が抱擁し、慰めた。ネット上では「スポーツマンシップ溢れる対応に胸が熱くなった」と感動の声が上がった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大波乱の後で心温まるシーンがあった。

 東京五輪で5000メートル、1万メートル2冠を達成し、今大会は1500メートルと合わせ、異例の3種目挑戦のハッサン。午前に行われた1500メートル予選から数時間で登場したレースは各選手が自重し、1キロ通過は3分40秒という超スローとなった。ハッサンはいつものように集団を避け、最後方からレースを展開。残り1周手前で11人の集団10番手から一気に6番手に進出し、スプリント勝負になると序盤が嘘のようなピッチでバックストレートで先頭に立つ。

 ただ、最後の直線でグダフ・ツェガイ(エチオピア)とのマッチレースとなったが、脚がもつれたのか、接触があったのか、ラスト20メートルで転倒した。会場が悲鳴に包まれ、起き上がったハッサンは歩いてゴール。11位となった。そのままゴールしたツェガイが31分27秒18で金メダルを獲得した。

 すると、ゴールしたハッサンに真っ先に歩み寄ったのが2位で銀メダルを獲得したレテセンベト・ギデイ(エチオピア)。ハグを交わして頬を寄せると何事か声をかけ、健闘を称え合った。ギデイといえば、ハッサンが持っていた世界記録を塗り替え、東京五輪ではハッサンに敗れ、銅メダルとなった最強のライバル。自身も金メダルに届かず、悔しさがあっただろうが、戦友が見舞われた悲劇に行動した。

 ネット上でも「ハッサンの元に駆け寄るシーンが素敵 いやぁ感動した!」「スポーツマンシップ溢れる対応に胸が熱くなった」「競っていたギデイが迎えに行くのがグッときました」「ギデイのスポーツマンシップ感じれた!」など感動の声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集