[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「票を奪っても驚かないで」 確実視されるMVP投票の“満票阻止”選手を米メディア指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で打球速度109.1マイル(約175.58キロ)、飛距離437フィート(約133.2メートル)の42号ソロ弾を含む4打数3安打1打点の活躍で、チームも2-0の勝利を飾った。本塁打王争いで独走し、早くも今季MVPも確実視される中で、米メディアは大谷の“満票”を阻止する可能性がある選手の名前を挙げ「オオタニのMVP得票数を少し奪っても驚かないでほしい」と報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

テキサス州地元局が可能性に言及

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で打球速度109.1マイル(約175.58キロ)、飛距離437フィート(約133.2メートル)の42号ソロ弾を含む4打数3安打1打点の活躍で、チームも2-0の勝利を飾った。本塁打王争いで独走し、早くも今季MVPも確実視される中で、米メディアは大谷の“満票”を阻止する可能性がある選手の名前を挙げ「オオタニのMVP得票数を少し奪っても驚かないでほしい」と報じている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今季も投打二刀流として活躍を続けている大谷。本塁打王争いでは32本で2位のルイス・ロベルトJr.(ホワイトソックス)に10本差をつける独走状態で、ア・リーグのMVP争いは大谷の受賞が確実視される。

 対抗馬すらいないとも言われるが、米テキサス州地元局「KCEN-TV」は「ショウヘイ・オオタニの圧倒的活躍があってもなお、レンジャーズの遊撃手コーリー・シーガーはア・リーグMVP得票に値する」との見出しで、今季からレンジャーズでプレーしているシーガーに注目。本文では「ア・リーグMVPの議論のほとんどがショウヘイ・オオタニについてだが、シーガーはオオタニの受賞を阻むことが出来る選手だろうか?」と記した。

 記事内では、ポッドキャスト番組「ロックド・オン・レンジャーズ」のブライス・パテリック氏が「この男が健康であれば、アーロン・ジャッジや全盛期のアレックス・ロドリゲス級のシーズンを過ごしたと思う」と語ったことを紹介。今季のシーガーは今季2度も故障者リスト入りした影響で、まだ規定打席には達していない。それでも16日(同17日)時点での打率は.348で“隠れ首位打者”。22本塁打、73打点、OPS1.072。レンジャーズのア・リーグ西地区首位に大きく貢献しており、普通ならMVPの声がかかって申し分ない成績だ。

 とはいえ、記事では「シーガーがMVP争いでオオタニに勝つか? それはないだろう。オオタニは投打で信じられないような選手であり、少なくとも50本塁打を放つペースで、もしかしたら60本にも届くかもしれない」とし、大谷のMVP受賞を脅かすことはないと指摘。それでも「しかしシーガーが終盤戦で躍動し、オオタニのMVP得票数を少し奪っても驚かないでほしい」と“一角崩し”の可能性に言及している。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集