[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

待望41号大谷翔平、三振直後に酷評した米識者が50分後に手のひら返し「冗談だ。彼は大丈夫だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席で今季41号ソロを放ち、2-1の勝利に貢献した。9試合ぶりの一発は飛距離448フィート(約136.6メートル)の豪快弾。第2打席で空振り三振に倒れた際には「ショウヘイは酷い。もはや同じ男には見えない」と心配していた米識者も「冗談だ、彼は大丈夫だと思う」と1時間弱で手のひらを返した。

アストロズ戦で41号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ戦で41号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

2打席凡退後、9試合ぶりの41号ソロ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席で今季41号ソロを放ち、2-1の勝利に貢献した。9試合ぶりの一発は飛距離448フィート(約136.6メートル)の豪快弾。第2打席で空振り三振に倒れた際には「ショウヘイは酷い。もはや同じ男には見えない」と心配していた米識者も「冗談だ、彼は大丈夫だと思う」と1時間弱で手のひらを返した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今季自己最長の8戦連続ノーアーチ状態からついに抜け出した。1点リードの6回、大谷は相手左腕ムシンスキーの2球目、高めのスライダーを強振。打球速度110.2マイル(約177.35キロ)で高く上がった打球はぐんぐん伸び、バックスクリーンへ飛び込む飛距離448フィートの豪快な41号ソロになった。

 初回の第1打席はニゴロ、3回の第2打席では空振り三振に倒れていた大谷。36打席本塁打から遠ざかっていたこともあり、X(旧ツイッター)には心配の声も。米ポッドキャストのエンゼルス情報番組「トーキン・ヘイローズ」でホストを務めるジャレッド・ティムズ氏は2打席目の直後に「ショウヘイは酷い。もはや同じ男には見えない」と投稿した。

 その約50分後に飛び出した待望の一発。ティムズ氏は前述の投稿に紐づける形で「冗談だ。彼は大丈夫だと思う」とポストし、前言を撤回した。試合前には疲労のために次回の先発登板を回避することがフィル・ネビン監督から明言されていたが、不安を払拭する一打となった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集