[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「いかに礼儀正しいか」 敵将の証言を裏付ける敬意溢れる行動に敵軍記者も注目

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地アストロズ戦に「2番・DH」で先発し、6回に9戦ぶりとなる今季41号ソロを放った。37打席ぶりの一発は飛距離448フィート(約136.6メートル)の豪快弾。試合も2-1で勝ち、連敗を2で止めた。アストロズの番記者は「ダスティ・ベイカー監督はショウヘイ・オオタニがいかに礼儀正しいかいつも話している」としながら、試合中に大谷が見せた敬意溢れる行動に注目した。

アストロズ戦に「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に「2番・DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

41号ソロを放った大谷が試合中に見せた気遣いとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地アストロズ戦に「2番・DH」で先発し、6回に9戦ぶりとなる今季41号ソロを放った。37打席ぶりの一発は飛距離448フィート(約136.6メートル)の豪快弾。試合も2-1で勝ち、連敗を2で止めた。アストロズの番記者は「ダスティ・ベイカー監督はショウヘイ・オオタニがいかに礼儀正しいかいつも話している」としながら、試合中に大谷が見せた敬意溢れる行動に注目した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 敵地で大谷が残した印象は、特大弾だけではなかった。1点リードの6回にバックスクリーンに飛び込む飛距離448フィートの豪快な41号ソロを放つと、9回には四球で出塁し、今季17個目の盗塁を決めた。この打席では、大谷が放ったファウルがアストロズのマーティン・マルドナード捕手に直撃。大谷はすぐに気遣う仕草を見せた。

 これに米スポーツ専門局「ジ・アスレチック」でアストロズ番を務めるチャンドラー・ローム記者が注目。「ダスティ・ベイカー監督は、ショウヘイ・オオタニが彼に対していかに礼儀正しいか、いかにアストロズのダグアウトに帽子を取って、手を振るかについていつも話している」と自身のX(旧ツイッター)に投稿した。

 同記者はベイカー監督の証言を裏付ける例として、大谷がマルドナードに対してとった行動を紹介。「あの打席では2度、オオタニはマーティン・マルドナードにファウルを当てた。2度とも、オオタニは屈んでマルドナードが大丈夫か確認し、彼の背中を軽く叩いた」と記し、かつてバッテリーを組んだ元同僚への敬意溢れる行動を称えた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集