[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失意なでしこJ、中国評論家が指摘「不利判定の主審にブーイング」 実力は「一流のサッカー」

サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会に出場した日本代表(なでしこジャパン)は11日、準々決勝でスウェーデンに1-2で敗れ、12年ぶり優勝はならなかった。グループリーグからの快進撃はストップ。それでも、アジア勢で唯一決勝トーナメントに進み、中国評論家は「彼女たちは身体面で一流じゃないだけで、実に素晴らしい一流のサッカーをする」と称えている。

準々決勝でスウェーデンに敗れたなでしこジャパン【写真:ロイター】
準々決勝でスウェーデンに敗れたなでしこジャパン【写真:ロイター】

なでしこジャパンに中国評論家も注目

 サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会に出場した日本代表(なでしこジャパン)は11日、準々決勝でスウェーデンに1-2で敗れ、12年ぶり優勝はならなかった。グループリーグからの快進撃はストップ。それでも、アジア勢で唯一決勝トーナメントに進み、中国評論家は「彼女たちは身体面で一流じゃないだけで、実に素晴らしい一流のサッカーをする」と称えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 中国スポーツメディア「ジーボーバ」は、同国で著名なサッカー評論家である黄健翔氏の言葉を紹介。同氏は中国のSNS「微博(Weibo)」を更新し、「スタジアム中の観客が日本チームに声援を送り、日本に不利なペナルティを科した主審にブーイングを浴びせた(女子サッカーのW杯で主審に対するブーイングを聞くことは珍しい)」と後半6分のPKに繋がった場面を指摘。日本は失意に暮れた一方、こう続けた。

「日本チームは、W杯の5試合で見せた優れた技術的、戦術的パフォーマンスで高い評価を獲得した」「正直に言うと、実に悔しい。彼女たちはフィジカルの面で一流でないだけで、実に素晴らしい一流のサッカーをする」

 グループDの中国は1勝2敗の2位で敗退。アジア唯一の16強進出から準々決勝を戦ったなでしこジャパンを称えていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集