[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説の年間70発HR王マグワイアが語る大谷翔平 衝撃の第一印象「映画に出てくる俳優みたいと…」

米大リーグで投打二刀流で席巻し、メジャートップの40本塁打を放っているエンゼルス・大谷翔平投手について、1998年に当時のシーズン新記録70本を記録した伝説のホームラン王マーク・マグワイア氏が口を開いた。なかでも、2018年に初めて実際に大谷を見たときの印象を「なんてかっこいい奴だ、映画に出てくる俳優みたいだと思ったよ」と語っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米ポッドキャスト番組に出演「彼がロッカールームに入って来たときに…」

 米大リーグで投打二刀流で席巻し、メジャートップの40本塁打を放っているエンゼルス・大谷翔平投手について、1998年に当時のシーズン新記録70本を記録した伝説のホームラン王マーク・マグワイア氏が口を開いた。なかでも、2018年に初めて実際に大谷を見たときの印象を「なんてかっこいい奴だ、映画に出てくる俳優みたいだと思ったよ」と語っている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 米ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」のYouTubeチャンネルに出演したマグワイア氏。番組の中で大谷の話題になり、司会者から「今年のオオタニについても聞きたいんだけど、パドレスのメンバーであったあなたから見てどう?」と問われた。

 2016年から3シーズン、パドレスでコーチを務めたマグワイア氏は「サンディエゴでベンチコーチだったときに、彼の打撃と投球の映像を見た。彼の日本での打撃を見て、そこそこ良い打者だと思ったけど、この6年間で我々が見てきたものとは違った」と言及した。

 驚いたのは第一印象。「彼がロッカールームに入ってきたとき、なんてかっこいい奴だ、背は高いし、映画に出てくる俳優みたいだと思ったよ」とスタイルの良さに度肝を抜かれ、「はじめに言った通り、いい打者になるとは思ったが、投手としてもスイーパーやスプリットを投げたり、彼はマウンドでやりたいことに対してとてもクリエイティブだ」と投打二刀流のポテンシャルを絶賛した。

 さらに「打席にいる彼には完全に共感できる」とホームラン打者目線で語り、「彼はとても自信を持って打席に立っていて、投球にプレッシャーをかけている。もしプレートの真ん中にボールが来たら、さよなら、銃弾のように打たれるかホームランだ。今後こんなことを見ることはないかもしれない」と指摘した。

 続けて「今となってはほぼ完璧な二刀流だけど、前に彼の投球のビデオを見てどうだった? 十分じゃなかった?」と質問を受けたマグワイア氏。争奪戦となったメジャー挑戦当時を振り返り、「サンディエゴは彼に外野でプレーしてほしかったし、DH枠のルールが決まる前の話だったからね」「彼がエンゼルスと契約したとき、偉大なプレーヤーのマイク・トラウトと一緒にプレーして勝ちたいという気持ちがあったのかもしれないって思うね」と語った。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集