[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

泥沼7連敗から脱出のエンゼルス、米記者も安堵 WC圏内へ7差「シーズンはまだ終わっていない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で中前適時打を放つなど、4打数1安打1打点1盗塁の成績を残した。チームも7-5で勝利し、連敗を「7」でストップ。苦しんだ末の8月初勝利に、米記者も「7連敗が終わった」「シーズンはまだ終わっていない」などと安堵している。

連敗を7で止め、勝利後にハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
連敗を7で止め、勝利後にハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルスが8月初勝利

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で中前適時打を放つなど、4打数1安打1打点1盗塁の成績を残した。チームも7-5で勝利し、連敗を「7」でストップ。苦しんだ末の8月初勝利に、米記者も「7連敗が終わった」「シーズンはまだ終わっていない」などと安堵している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 この日も泥沼の連敗を象徴するような苦しい戦いだった。大谷の先制タイムリーを皮切りに初回に4点を奪ったエンゼルスだったが、先発のジオリトが3回に3失点。その後、5回、7回と1点ずつ加点するも、8回にジャイアンツのフローレスに2ランを被弾して再び1点差に。その裏に犠牲フライで7-5とすると、9回を3番手のリオーネが締めて辛くも逃げ切った。

 エンゼルスの連敗ストップ、そして8月初勝利に米記者も反応。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は、自身のX(旧ツイッター)に「7連敗が終わった。明日はオオタニが先発登板。エンゼルスがシリーズ勝ち越しを目指す」と投稿。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も、「エンゼルスが勝った。ジャイアンツに7-5で連敗を7でストップ。打線が12安打、ルーカス・ジオリトは6回3失点。57勝58敗とし、ワイルドカード圏内まで7ゲーム差、地区首位には11.5ゲーム差だ」と自身のXにつづった。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリストのベン・バーランダー氏は「エンゼルスが勝利! 連敗が終わった。連敗を止めなければいけなかった状況で彼らはそれをやり遂げた。シーズンはまだ終わっていない。ここから連勝しなきゃ」とXにつづり、安堵とともにプレーオフ進出に向けて、ここからの反転攻勢に期待を寄せていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集