[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヤンキース傘下に珍二刀流が出現 外野&捕手の両投げ24歳、MLB公式「スカウト陣は驚愕した」

米大リーグ・ヤンキースの珍しい二刀流のプロスペクトが話題となっている。2日(日本時間3日)のマイナーリーグに左投げの左翼手として出場。翌日には右投げの捕手としてプレーした。MLB公式が動画を公開。公式サイトでも「能力にスカウト陣は驚愕した」などと脚光を浴びせた。

アンソニー・シーグラー【写真:Getty Images】
アンソニー・シーグラー【写真:Getty Images】

ヤンキース有望株のプレーシーンも

 米大リーグ・ヤンキースの珍しい二刀流のプロスペクトが話題となっている。2日(日本時間3日)のマイナーリーグに左投げの左翼手として出場。翌日には右投げの捕手としてプレーした。MLB公式が動画を公開。公式サイトでも「能力にスカウト陣は驚愕した」などと脚光を浴びせた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 世にも珍しい両投げの二刀流を披露したのは、ヤンキース傘下の2Aサマセット・ペイトリオッツでプレーする24歳のアンソニー・シーグラーだった。2日のガーディアンズ傘下アクロン・ラバーダックス戦に7回から左翼手として出場。右手にグラブを付け、飛球を処理した。翌日の同カードでは左手にグラブを付けて捕手として先発。好送球で二盗を阻止した。

 MLB公式ツイッターは「スイッチヒッターは聞いたことがあるだろうが、スイッチフィールダーはどうだ?」と記して動画を公開。同公式サイトでも「ヤンキースのプロスペクトが両利きを全く新たなレベルに引き上げる」との見出しで記事を掲載。「スイッチヒッター? そうだね。スイッチピッチャー? 稀だ。しかし、前例がないわけではない。しかし、スイッチフィールダーは?」と注目した。

 シーグラーは2018年のドラフトで、高校生ながら全体23位でヤンキースに指名を受けて入団した。記事では「両腕で80マイル台の球を投げられる能力にスカウト陣が驚愕したが、そのオールラウンドな能力により、彼は最終的に捕手としてドラフトされた」と紹介。シーグラーは「以前は、外野ではいつも左投げでプレーしていたんだ。だから、プロで外野で出場する機会があれば左投げでプレーすることに疑いはなかった」と語ったという。

 極めて稀だが、唯一無二の存在ではないようだ。記事によると、同年ドラフトで指名を受けたメッツの傘下でプレーするカルロス・コルテスは外野で左投げ、内野で右投げでプレー。シーグラーは「外野でプレーするのを考えるのはクール。特に左投げとしてね。でも、自分の主なポジションは捕手だと感じている」としつつ、「でも、機会があれば常に準備はできているよ」と意欲を示していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集