[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

41歳西山ゆかり、プロ1勝の地・北海道で8年越しV争い 49位→7位浮上「見えないものに助けられた」

女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは5日、札幌国際CC島松C(6593ヤード、パー72)で2日目が行われた。49位から出た41歳・西山ゆかり(フリー)が5バーディー、ボギーなしの67で、首位と4打差の7位とトップ10圏内にまで浮上した。2015年のmeijiカップで自身ツアー初優勝した思い出のコースで8年越しのV争い。「見えないものに助けられている感じがした」と充実感を漂わせた。

北海道meijiカップに出場している西山ゆかり【写真:Getty Images】
北海道meijiカップに出場している西山ゆかり【写真:Getty Images】

国内ツアー・北海道meijiカップ2日目

 女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは5日、札幌国際CC島松C(6593ヤード、パー72)で2日目が行われた。49位から出た41歳・西山ゆかり(フリー)が5バーディー、ボギーなしの67で、首位と4打差の7位とトップ10圏内にまで浮上した。2015年のmeijiカップで自身ツアー初優勝した思い出のコースで8年越しのV争い。「見えないものに助けられている感じがした」と充実感を漂わせた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 出だし10番パー4で幸先よくバーディー発進となった西山。その後もスコアを伸ばし、最終9番パー5はピンから約7ヤードの第4打を上手く運んでチップインバーディー。「自分が思っていたよりも少し、スライスを大きく見ておこうと思っていた」と笑顔が弾けた。

 ツアー通算2勝のベテラン。記念すべき1勝目を挙げた2015年のmeijiカップと同じコースが舞台だ。特に印象に残るのが打ち下ろしの7番パー3。「基本的にグリーンは小さいから、ピンポジションがセンターなら全部バーディーチャンスとか、思い出しました」。当時キャディーを務めた、師匠の芹沢信雄プロから受けたアドバイスを鮮明に思い出し、見事バーディーを奪った。

 6番パー5は木に当たった2打目が、ピン手前のエッジまで出てきてくれる幸運もあった。「初優勝させてもらった北海道で、見えないものにも助けられている感じがした」。10アンダーで首位の鈴木愛に4打差。優勝戦線に顔をのぞかせている。

 トップ10入りなら6位だった2018年6月のヨネックスレディス以来。優勝なら2017年4月のKKT杯バンテリンレディス以来、6年4か月ぶりの3勝目となる。「今日はナイスプレーだったと思います。良いパーもありましたし、良いパットが入ってくれたバーディーもあった。せっかくこの位置で回れる。楽しみながら、最後まで優勝を諦めないでプレーしたい」と朗らかに語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集