[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に40号4回0封を許しても敵将はご満悦 「彼はまた打った。だが、私たちが勝った」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発し、40号ソロを含む2打数2安打1打点、2四球1盗塁だった。投げては4回無失点ながら右の手と指の痙攣で突如降板。しかし、チームは守護神が9回に逆転満塁弾を浴び、3-5で敗れた。敵将は「彼はまた打った。だが、私たちが勝った」と語った。

8回に40号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
8回に40号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発し、40号ソロを含む2打数2安打1打点、2四球1盗塁だった。投げては4回無失点ながら右の手と指の痙攣で突如降板。しかし、チームは守護神が9回に逆転満塁弾を浴び、3-5で敗れた。敵将は「彼はまた打った。だが、私たちが勝った」と語った。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷の奮闘も及ばなかった。2-1の8回1死走者なし。内角から中に入ってくる球を強振。弾丸ライナーは右翼の本塁打エリアまで到達した。打球速度106.7マイル(約171.7キロ)、飛距離390フィート(約118.9メートル)。しかし、エンゼルスは3-1の9回から登板した守護神カルロス・エステベスが逆転満塁弾を浴びて敗れた。

 大谷は4回までに球数59、3安打1四球、4奪三振無失点。10勝目の期待がかかっている中で右の手と指の痙攣で突如降板した。ワシントン州地元局「ルート・スポーツ」の試合後番組では、マリナーズのスコット・サービス監督が会見。カード初戦を取ったこと、先発のブライアン・ウーが大谷より長い6回(2失点)を投げたことについてこう語った。

「オオタニは驚くべきシーズンを送っている。長年この球界にいるが、彼は私が見てきた中で最も才能のある選手だ。しかし、私たちは十分に彼に勝てる力がある。私たちが勝とうとしているのは(彼にではなく)エンゼルスにだが。彼は明らかにエンゼルスの大きなパートを担っている。今日もまたホームランを打った。しかし、最終的に私たちが試合に勝った。鍵はこの連戦に勝つこと。いいスタートが切れたよ」

 大谷に活躍を許したが、勝利したマリナーズ。指揮官はご満悦のようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集