[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

藤浪晋太郎を重要局面での起用示唆 ヤンキース制圧で指揮官が期待「守護神への橋渡し役に…」

米大リーグ・オリオールズに移籍した藤浪晋太郎投手の評価が急上昇中だ。7月30日(日本時間31日)の本拠地ヤンキース戦、6回から3番手で登板した藤浪は2回を1安打4奪三振の無失点ピッチング。ブランドン・ハイド監督は一夜明けて「素晴らしい2イニングを見せてくれた。私たちは興奮している」などと絶賛している。地元局が伝えた。

オリオールズの藤浪晋太郎【写真:ロイター】
オリオールズの藤浪晋太郎【写真:ロイター】

ヤンキース戦でイニング跨ぎの好投4K

 米大リーグ・オリオールズに移籍した藤浪晋太郎投手の評価が急上昇中だ。7月30日(日本時間31日)の本拠地ヤンキース戦、6回から3番手で登板した藤浪は2回を1安打4奪三振の無失点ピッチング。ブランドン・ハイド監督は一夜明けて「素晴らしい2イニングを見せてくれた。私たちは興奮している」などと絶賛している。地元局が伝えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 6点リードの6回にマウンドに上がった藤浪は先頭打者に二塁打を許したものの、その後は2者連続三振と二飛で切り抜けた。イニングを跨いだ7回には先頭のスタントンを四球で歩かせたが、続く4番リゾ、5番カイナーファレファから連続三振を奪い、6番ベイダーを右飛に打ち取って得点を許さなかった。

 この投球から一夜明け、オリオールズの試合を中継する米地元局「MASN」は「フジナミ、カウザーの苦戦、レイズのトレードなどについてのオリオールズの試合前ノート」と題して記事を掲載。「日本人右腕シンタロウ・フジナミは、オリオールズがヤンキースに勝利した昨夜の6回から登板し、2イニングを無失点に抑えた。彼の速球はまた100マイルに達し、彼のスプリットは93マイルで空振りを奪った」「これで3試合連続で無失点となったフジナミは、引き続き勝敗を左右する重要な場面で起用され続けるだろう」と伝えた。

 根拠となっているのはハイド監督の発言だ。記事では指揮官の談話を紹介。31日(同1日)のブルージェイズ戦の前に「彼のここ最近の投球内容を見ていると、重要な場面に入ることになる」と語り、こう続けたという。

「彼は素晴らしい球を持っている。ファンタスティックな投手だ。彼はそれを昨夜、素晴らしい2イニングでまた見せてくれた。彼がフェリックス(バティスタ)への橋渡し役となることができれば、素晴らしいことになる。ここ最近の登板では、彼は素晴らしい球を見せてくれており、私たちは彼に興奮しているよ」

 記事では移籍後の藤浪の投球内容に触れ「フジナミはオリオールズでの最初の2登板で得点を許したが、ここ3登板では4回1/3を無失点、1安打、7三振、対戦相手のOPSを.330に抑えている。昨夜、彼はスプリットで6スイング中4つの空振りを奪った」と紹介。その上で「彼に3イニング以上投げさせることも考えるだろうか?」という話題について、指揮官はこう語ったと伝えている。

「オークランドでブルペンに転向してからしばらく(先発をしていた4月以降)長いイニングを投げていない。非常に難しい状況や、ある特定の場面では検討する可能性もあるが、今のところはできる限り1イニングか2イニングに留めたい」

 長いイニングの登板については否定的だったものの、重要な場面での起用には前向きな指揮官。藤浪への信頼は日ごとに増しているようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集