[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の弾丸36号、衝撃3.99秒弾にネビン監督もあ然「あんな打球は見たことない。中直だと思った」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場し、初回の第1打席で中越え36号ソロ本塁打を放った。打球速度112.9マイル(約181.69キロ)、着弾まで3.99秒の弾丸アーチを目の当たりにしたフィル・ネビン監督「あんな打球は見たことない」と驚きを隠せない様子でコメントした。

パイレーツ戦で36号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
パイレーツ戦で36号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地パイレーツ戦に「2番・DH」で出場し、初回の第1打席で中越え36号ソロ本塁打を放った。打球速度112.9マイル(約181.69キロ)、地元放送局が着弾まで「3.99秒」と伝えた弾丸アーチを目の当たりにしたフィル・ネビン監督は「あんな打球は見たことない」と驚きを隠せない様子でコメントした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 あっという間に消えていった。1点先制され、初回1死走者なしの場面で打席に入った大谷は右腕ケラーからフルカウントからの7球目、92マイル(約148キロ)のカットボールを強振。打球速度112.9マイル、打球角度19度という低空弾はグングン伸び、中堅フェンスを越えていった。打った瞬間こそダッシュで一塁に向かったが、フェンスオーバーを見届けると足取りも軽やかにダイヤモンドを回った。

 パイレーツ右腕を打ち砕いた一撃について、ネビン監督は試合後の会見で「あんな打球は見たことないと思う。ゴルフボールを除いてね。正直に言って中直だと思った。もしかしたら頭上を越えたり、フェンスに当たったりするかなとは思ったけど、茂みに消えて行ってしまった」とコメント。大谷の本塁打は“見慣れた”はずの指揮官だが「毎日彼には驚かされるよ」と言うばかりだった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集