[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

相手の棄権に歓喜した女子テニス選手 判定の“証拠隠滅”からの流れを海外記者非難「全てが酷い」

海外女子テニス選手の振る舞いに非難が殺到している。ハンガリーのクレーコートで開催中のハンガリアンGPは現地時間18日、女子シングルス1回戦が行われ、アマリッサ・トート(ハンガリー)が張帥(中国)の棄権により勝利した。ライン際の際どいアウト判定に張が抗議。判定は覆らず試合が続行されると、トートがボール跡を足でもみ消し。張がこの行動に抗議するも精神的なショックから棄権した。勝利が伝えられるとトートは拳を突き上げて歓喜。海外記者は動画を公開し「絶対的な恥だ」と非難している。

張帥【写真:ロイター】
張帥【写真:ロイター】

中国の張帥が被害

 海外女子テニス選手の振る舞いに非難が殺到している。ハンガリーのクレーコートで開催中のハンガリアンGPは現地時間18日、女子シングルス1回戦が行われ、アマリッサ・トート(ハンガリー)が張帥(中国)の棄権により勝利した。ライン際の際どいアウト判定に張が抗議。判定は覆らず試合が続行されると、トートがボール跡を足でもみ消し。張がこの行動に抗議するも精神的なショックから棄権した。勝利が伝えられるとトートは拳を突き上げて歓喜。海外記者は動画を公開し「絶対的な恥だ」と非難している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 事の発端は第1セットの5-5で迎えた第11ゲーム。張のショットがライン際でバウントするとアウト判定になり、審判に抗議した。オーストラリア放送局「セブン」によると、抗議する張には会場から野次が飛ばされ、それをトートも「笑って」いたという。判定は覆らず試合が続行されると、トートは足で踏んで擦るようにボール跡を“隠滅”。張は再び抗議した。

 このゲームを奪われた張は、その後フィジオを呼び、精神的なショックによるパニック発作を理由に棄権。同局は「涙を流す姿も見られた」と張の様子を伝えていた。その一方で、勝利を知らされた瞬間、トートは両拳を突き上げて歓喜。さらに、観客へ向かって笑顔でラケットを掲げると、会場からは拍手と歓声が送られていた。

 ポルトガル地元紙「レコード」の記者などを務めるジョゼ・モルガド氏は自身のツイッターで実際の映像を公開。文面では「ブタペストでショッキングなシーン。地元選手と対戦したチョウ・スイは5-5から痕跡をもみ消され、抗議すると無視されブーイングを浴びた。その後にパニック発作で棄権。彼女は最近、精神面での心配を認めていた」と記した。

 さらに、別の投稿では「状況を考えれば、観客と相手選手の勝利の歓喜は絶対的な恥だ。そしてこれがボール跡。みんなもっと上手くやらないと」「この全てが酷い」とトートを含む関係者の振る舞いを酷評していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集