[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10戦四球ゼロの藤浪晋太郎 「捕手の構えにドンズバ」の161キロに日本人歓喜「めっちゃいい」

米大リーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎投手は16日(日本時間17日)、本拠地ツインズ戦に3番手として登板。7回1死一、三塁の場面を2球で併殺に仕留めて切り抜けると、8回も3者凡退に抑える好リリーフを見せた。外いっぱいに投げ込んだ100マイル(約161キロ)の剛速球に、「コントロールだいぶよくなってきてる」「100マイルがコーナーに決まったらそらうてんよ」などと日本ファンは歓喜している。

本拠地ツインズ戦に3番手として登板したアスレチックスの藤浪晋太郎【写真:ロイター】
本拠地ツインズ戦に3番手として登板したアスレチックスの藤浪晋太郎【写真:ロイター】

ツインズ戦で好リリーフ

 米大リーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎投手は16日(日本時間17日)、本拠地ツインズ戦に3番手として登板。7回1死一、三塁の場面を2球で併殺に仕留めて切り抜けると、8回も3者凡退に抑える好リリーフを見せた。外いっぱいに投げ込んだ100マイル(約161キロ)の剛速球に、「コントロールだいぶよくなってきてる」「100マイルがコーナーに決まったらそらうてんよ」などと日本ファンは歓喜している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 威力ある速球がズバッと決まった。8回先頭で右打者バクストンと対戦した藤浪。カウント2-2からの7球目は100マイルの剛速球だ。躍動感あふれるフォームで投げ込んだボールに、バクストンのバットは空を切って三振。外角いっぱい、捕手の構えたミットに吸い込まれるように決まった。

 実際の映像を「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる米国の著名な投球分析家、ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。日本のファンがこれに注目し「藤浪くんフォアボール全然出さなくなって素晴らしい」「普通に最近めっちゃいい」「コントロールだいぶよくなってきてる」「100マイルがコーナーに決まったらそらうてんよ」「キャッチャーの構えてる外角にドンズバやね…」などとコメントを書き込んでいた。

 藤浪は7月これで6試合、7イニングに登板して防御率2.57。14日(同15日)のツインズ戦で2失点したものの、それ以外は無失点に抑えている。四球は10試合連続でゼロ。防御率8.75となり、乱調だった4月に2.17だったWHIPは今月0.43にまで改善している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集