[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、首位浮上の裏で意外な“特殊能力”を告白 らしさ全開「大丈夫。気配消せるので…」

女子ゴルフの国内ツアー、ミネベアミツミ・北海道新聞カップ第3日(北海道・真駒内CC空沼C、6611ヤード、パー72)は7日、1打差2位タイから出た地元・北海道出身の小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、1ボギーの68で回り、11アンダーで単独首位に浮上した。

ミネベアミツミ・北海道新聞カップ、11アンダーで単独首位に浮上した小祝さくら【写真:Getty Images】
ミネベアミツミ・北海道新聞カップ、11アンダーで単独首位に浮上した小祝さくら【写真:Getty Images】

国内ツアー、ミネベアミツミ・北海道新聞カップ第3日

 女子ゴルフの国内ツアー、ミネベアミツミ・北海道新聞カップ第3日(北海道・真駒内CC空沼C、6611ヤード、パー72)は7日、1打差2位タイから出た地元・北海道出身の小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、1ボギーの68で回り、11アンダーで単独首位に浮上した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 前半で1つ伸ばして迎えた後半、10番パー4で20メートルの超ロングパットでバーディーを奪うと、ここから3連続バーディー。直後の13番パー4はボギーとしたものの、17番パー3で今度は15メートルのロングパットを入れて盛り返した。首位浮上したラウンド後、本人は「まさか10番、17番が入るとは思っていなかったので、逆にびっくり。昨日もそうでしたけど、2メートルは入らないけど、それは入るんだと。分からないものです」と苦笑いだった。

 地元・北海道開催だが、今大会はホテルから通う。「ごはんに行くにも札幌に泊まっているので、どこに行けばいいか分からずに新鮮ではあります」と小祝節でポツリ。これまでの夕食は「イタリアン、お寿司、スープカレーと来ています」といい、仲のいい竹田麗央と一緒に並んで入店することもあるという。

 北海道出身のトッププロ。周囲に気付かれることは「全然大丈夫。気配消せるので(笑)」と豪語した後で「そこまで知名度もないですし。ゴルフが大好きな人にはごはん屋さんで気付かれることはありますが。電車とかで声をかけられたら『違います』と答えます(笑)」と、小祝らしさ全開で明かした。

 なお、今夜の夕食については「ジンギスカンに行きたかったけど、予約が取れなくて迷っています」と、意外な悩みを打ち明けて笑いを誘った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集