[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重岡銀次朗、王者バラダレスと8.11因縁の再戦発表 涙の無効試合からついに団体内王座統一戦実現

ボクシングのIBF世界ミニマム級暫定王者・重岡銀次朗(ワタナベ)が30日、都内で会見し、8月11日にエディオンアリーナ大阪第1競技場で行われる「3150FIGHT vol.6」で、正規王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と団体内王座統一戦を行うと発表した。1月の世界初挑戦は王者の負傷で無効試合に終わり、因縁の相手との再戦。試合はABEMAで配信される。戦績は23歳の重岡が9勝(7KO)1無効試合、29歳のバラダレスが26勝(15KO)3敗1分け1無効試合。

会見に登場した重岡銀次朗【写真:浜田洋平】
会見に登場した重岡銀次朗【写真:浜田洋平】

重岡銀次朗が団体内王座統一戦、1月は王者の負傷で無効試合に

 ボクシングのIBF世界ミニマム級暫定王者・重岡銀次朗(ワタナベ)が30日、都内で会見し、8月11日にエディオンアリーナ大阪第1競技場で行われる「3150FIGHT vol.6」で、正規王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と団体内王座統一戦を行うと発表した。1月の世界初挑戦は王者の負傷で無効試合に終わり、因縁の相手との再戦。試合はABEMAで配信される。戦績は23歳の重岡が9勝(7KO)1無効試合、29歳のバラダレスが26勝(15KO)3敗1分け1無効試合。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 両者は1月6日に同会場で対戦。重岡は世界初挑戦だったが、3回に偶然のバッティングで王者バラダレスが負傷を訴えた。試合続行不可能で無効試合に終わり、両者がリング上で涙する異例の事態に。ルール上では4回終了までいけば重岡の負傷判定勝ちだったが、3回だったため決着つかず。劣性に立たされた王者が実力差を知った後、故意に負傷を狙う作戦に出たことが疑われるなど物議を呼んだ。

 再戦を目指したが、バラダレスが左鼓膜負傷の診断書を提出し、実現せず。重岡は4月16日にレネ・マーク・クアルト(フィリピン)とのIBF暫定王座決定戦に臨み、9回KO勝ちした。同日は兄・優大(ワタナベ)もWBC同級暫定王座を獲得。同日同階級では世界初の兄弟世界王者誕生の快挙だった。バラダレスは今回が重岡戦以来の試合となる。

 今回の興行は、元世界3階級制覇王者・亀田興毅ファウンダーがプロモートする「3150FIGHT vol.6 ~世界を殴りにいこうか!~」として開催。セミファイナルではIBF世界バンタム級挑戦者決定戦として、同級5位・西田凌佑(六島)と同級6位クリスチャン・ヒメネス(メキシコ)が対戦する。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集