[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2HR&7勝目の“引き立て役”になった敵将ガックリ「投打ともに相手にするにはタフだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。登板時に、打者としてマルチ本塁打をマークするのは初。敗れた相手のペドロ・グリフォル監督は「打者として投手としても相手にするのはタフだった」と言葉少なだった。

Wソックス戦、28号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
Wソックス戦、28号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。登板時に、打者としてマルチ本塁打をマークするのは初。敗れた相手のペドロ・グリフォル監督は「打者として投手としても相手にするのはタフだった」と言葉少なだった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 投打ともに相手を制圧した。初回に先制の27号ソロを放っていた大谷。7回途中まで無失点に抑えていたが、1死一、二塁とされたところで降板した。爪が割れたようだが、その直後の打席で今度は左中間へこの日2本目となる28号ソロ。1点差に詰め寄られたところで、相手を再度突き放した。月間13本は、自身が2021年にマークしていた球団記録に並ぶ数字だ。

 年間56発ペース。投げても爪が割れて緊急降板となったが、7回途中1失点と二刀流で4-2の勝利に貢献した。試合後、イリノイ州地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のホワイトソックス番ダリー・バン・スハウウェン記者は、グリフォル監督のコメントをツイッターに動画で公開した。

「彼は極めて才能豊かな選手。球界最高の選手かもしれない。打者としても投手としても相手にするのはタフだった」

 主役となった大谷の“引き立て役”に回ってしまった試合だったこともあり、表情は硬く、言葉少なだった。大谷は試合後、場内インタビューで大谷は「ピッチングもそこそこ良かった。打席は今年もいい内容が多い」と手応えを口にしていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集