[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2HR&7勝目に敵地番記者も天晴れ 衝撃の二刀流劇場「爪のひび割れで降板したんだぞ…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。衝撃の二刀流劇場に、敵地の番記者すら敬服。「彼は爪のひび割れで降板したんだぞ」「遅くまで起きて見る価値ある」と驚いていた。

Wソックス戦、28号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
Wソックス戦、28号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。初回に27号先制ソロ、降板後の7回にも28号ソロを放つなど3打数3安打2打点と爆発。投げても7回途中4安打1失点、10奪三振の好投で7勝目を挙げた。衝撃の二刀流劇場に、敵地の番記者すら敬服。「彼は爪のひび割れで降板したんだぞ」「遅くまで起きて見る価値ある」と驚いていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 もはや誰にも止められない。初回に先制の27号ソロを放っていた大谷。7回途中まで無失点に抑えていたが、1死一、二塁とされたところで降板した。爪が割れたようだが、その直後の打席で今度は左中間へこの日2本目となる28号ソロ。1点差に詰め寄られたところで、相手を再度突き放した。月間13本は、自身が2021年にマークしていた球団記録に並ぶ数字だ。

 年間56発ペース。投げても爪が割れて緊急降板となったが、7回途中1失点と二刀流で4-2の勝利に貢献した。ツイッター上では、敵地の番記者が大谷の凄さにはひれ伏すしかなかった。

 米イリノイ州シカゴのスポーツ専門メディア「CHGO」のホワイトソックス番ビニー・デュバー記者は「オオタニが本塁打。この男は信じられない。あなたの贔屓のチーム相手にプレーしていたとしても、遅くまで起きて見る価値がある」と1本目の後に投稿。28号が飛び出した後には「オオタニを降板させたとしても、打者としてアウトを奪うか、少なくとも本塁打を阻止しなければいけない。ホワイトソックスは今夜どちらもできなかった。オオタニがトゥーキ・トゥーサントからソロ弾」と驚くしかなかった。

 MLB公式のホワイトソックス番スコット・メルキン記者も「ショウヘイ・オオタニを見ると本当に驚かされる」と先制27号に反応。緊急降板後の28号には「オオタニにとってキャリア15試合目のマルチ本塁打。ちなみに、彼は爪のひび割れで降板したんだぞ」と紹介していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集