[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、降板直後に技あり28号! 年間56発ペース、米記者興奮「MVPチャントが鳴り響いている」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場。1回の第1打席での今季27号ソロに続き、7回の第4打席で左中間に28号ソロを放った。二刀流出場では今季初の1試合2本塁打となり、年間56本ペースになった。

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で二刀流出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場。1回の第1打席での今季27号ソロに続き、7回の第4打席で左中間に28号ソロを放った。二刀流出場では今季初の1試合2本塁打となり、年間56本ペースになった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 逆方向への技ありの一打だった。7回1死走者なしで迎えた第4打席。3球目を左中間スタンドに運び、初回の27号ソロに続くこの日2本目の本塁打となった。

 また投手として直前の7回1死一、二塁の場面で緊急降板。その直後の本塁打に、米記者もツイッター上で即座に反応した。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「彼を煩わせることはなかなかできない。これをタイピングしている最中に逆方向へ打ってしまった」とつづれば、米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のエンゼルス番サラ・バレンズエラ記者も「ショウヘイ・オオタニは投手として爪のひび割れで降板した。その直後に今夜2本目の本塁打を放った」と驚きを示している。

 また、MLB公式のエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も、「爪のひび割れたショウヘイ・オオタニのスイングには影響を与えなかったようだ。逆方向へ、この日2本目のメジャー単独28号をかっ飛ばした。MVPチャントが球場に鳴り響いている」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集