[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、緊急降板後に2本目28号! 爪割れ直後に逆方向へ…エ軍OB言葉にならず「人間じゃない」

本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。7回にこの日2本目となる28号ソロを放った。7回途中4安打1失点、10奪三振の好投も、爪が割れて緊急降板。その直後の打席で逆方向に運び、エンゼルスの地元放送局では「彼は人間じゃない」と球団OBも驚いていた。

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で二刀流出場

 本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。7回にこの日2本目となる28号ソロを放った。7回途中4安打1失点、10奪三振の好投も、爪が割れて緊急降板。その直後の打席で逆方向に運び、エンゼルスの地元放送局では「彼は人間じゃない」と球団OBも驚いていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 もはや誰にも止められない。初回に先制の27号ソロを放っていた大谷。7回途中まで無失点に抑えていたが、1死一、二塁とされたところで降板した。爪が割れたようだが、その直後の打席で今度は左中間へこの日2本目となる28号ソロ。1点差に詰め寄られたところで、相手を再度突き放した。月間13本は、自身が2021年にマークしていた球団記録に並ぶ数字だ。

 ロサンゼルス放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席も驚くしかない。実況のウェイン・ランダッゾ氏は「MVPが6月に確定したのは今まで見たことない。他の選手がMVPを獲得するなんてありえない」とMVP獲得を確信。エンゼルスの球団OBで解説者のマーク・グビザ氏は「カブトタイム! ショウヘイ・オオタニがどれだけ素晴らしいか言い表すことはできません! 左中間へのホームラン! これは現実のものではありません」と仰天。「彼は人間じゃありません」「ワオ。ただただワオ。そうとしか彼を表現できません」と言葉にならない驚きも示していた。

 落ち着きを取り戻したグビザ氏は「改めてなんてスイングでしょう。外角低めへの1球。それでも持っていく力強さ。覚えていますか、彼は今日マウンドで6回1/3を投げ、10三振を奪っています。だから下半身は疲れているはずです。でも、彼は違いました」と投打の躍動ぶりを絶賛するほかなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集