[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、特大26号の衝撃で「フィールド全体がフリーズ」 米記者たちも136m弾に唖然

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場。4回の第2打席で同点の26号ソロを放った。飛距離446フィート(約135.9メートル)の特大弾。ツイッター上の米記者たちも即座に反応し「ボールを破壊」「フィールド全体がフリーズ」と衝撃を伝えていた。

4回の第2打席で同点の26号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
4回の第2打席で同点の26号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発出場。4回の第2打席で同点の26号ソロを放った。飛距離446フィート(約135.9メートル)の特大弾。ツイッター上の米記者たちも即座に反応し「ボールを破壊」「フィールド全体がフリーズ」と衝撃を伝えていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 打った瞬間、誰もがスタンドインを確信した。0-1で迎えた4回1死走者なし。大谷が相手先発シーズの変化球をかっ飛ばした。内角低めへの変化球をすくい上げ、打球は右翼席へ。大歓声の中、26号ソロを大谷は悠々と見つめた。打たれたシースも被弾を確信したかのようなリアクションだった。

 年間52発ペースを維持。初回にはリーグ2位のロバートJr.が22号ソロを放ったばかりだったが、目の前で打ち返した。ツイッター上の米記者たちもこの一発に反応。MLB公式のブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニがメジャートップとなる26号ホームランでボールを破壊した」と速報し、カリフォルニア地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者も「大きな一発だった」と伝えた。

 エンゼルス公式ラジオの司会者トレント・ラッシュ氏は「オオタニがここビッグAで446フィートのホームランを放った。私がこの球場で見た最長のものかは分からない。しかし、フィールド全体がフリーズし、ただボールが舞い上がるのを見ているのは非常に珍しいこと。それがたった今ここで起こった」と球場の興奮を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集