[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで判定巡り物議、終盤8回の決勝ボークに投手憤慨 審判の指摘に「マウンド外したから当たり前だ」

米大リーグのアストロズが24日(日本時間25日)、よもやの“決勝ボーク”で敗れる波乱が起きた。敵地ドジャース戦の7-7で迎えた2死二、三塁から投手のスタニクがボークを取られ、三塁走者が生還。これがそのまま決勝点となり、監督は激怒した。試合後、スタニクも不満を露わにした。

審判に抗議するアストロズのベイカー監督【写真:ロイター】
審判に抗議するアストロズのベイカー監督【写真:ロイター】

アストロズのスタニクが同点の8回2死二、三塁でボークを取られて敗戦

 米大リーグのアストロズが24日(日本時間25日)、よもやの“決勝ボーク”で敗れる波乱が起きた。敵地ドジャース戦の7-7で迎えた2死二、三塁から投手のスタニクがボークを取られ、三塁走者が生還。これがそのまま決勝点となり、監督は激怒した。試合後、スタニクも不満を露わにした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 問題となったのは8回だ。7-5とリードしたアストロズは救援右腕アブレイユが打ち込まれ、同点に追いつかれた。1死二、三塁からマウンドを託されたスタニクは空振り三振で2死までこぎつけ、打者ロハスに対し、フルカウントとした。しびれる場面。ここでスタニクはいったんマウンドを外した。直後だった。審判がボークを宣告。スタニクは呆然とした様子で両手を広げて抗議し、ベンチのベイカー監督もベンチを叩いて激怒した。

 三塁走者が生還し、勝ち越しとなったドジャースの地元ファンはお祭り騒ぎ。この1点がそのまま決勝点となり、アストロズは不本意な形で星を落とした。米ファンの間では「ドジャースファンだけど、あれはボークじゃないと思う」「今季最悪の判定だ」「審判が試合を破壊している」と厳しい声が寄せられたが、スタニク本人もやはり憤りを隠せない様子だ。

 米テキサス州地元紙「ヒューストン・クロニクル」のアストロズ番マット・カワハラ記者のツイートによると、ベイカー監督はスタニクのボークについて審判団から説明はなかったといい、スタニクは「彼(塁審)は俺が足を動かしたと言った。マウンドを外したんだから当たり前だろ」と語ったという。当人からすれば理解のできないボーク判定に納得がいかないようだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集